Su-Pod誕生物語③ -高度情報化社会に翻弄された悲しい純朴陶芸家-

20140927スポッド①DSC_0371.JPG
はい、第三回です。
奥田大器です。

全然Su-Podに話が進みません。
しかし僕の熱いスマホへの想いを
紐解かなければSu-Podには辿り着きません。

製作へのほとばしる熱い情熱の源は何なのか。
それでは第三回始まりです。

―遥か遠いtwitter―
「にいちゃん、twitter出来るiphoneみたいなケイタイちょうだい。」
そうやって国産最強説を信じ切っている私はdocomoショップの門を叩きました。

docomoのにいちゃんはスマートフォンならお任せ下さいと2台出してきました。
googleフォンとT01というスマホでした。

もう今となってはよく販売の経緯がわからないスマホです。
発売してすぐだったらしくけっこうdocomoショップでは宣伝していました。

googleフォンはgoogleが作ったスマホでgoogleだからインターネットを検索しやすい
と言うのが売りだったと思います。
今考えると全く意味不明の売りです。

そしてTはTOSHIBAのT。東芝が出したスマホです。ダイナブックがなんたらかんたらと
docomoのにいちゃんが言っていました。
中田英寿がイメージキャラでした。
パンフで中田が世界の旅の友だと言っていました。今考えると絶対嘘です。断定します。

ゴルフのスコアカードに付いているペンみたいなものでタッチして使うタイプでした。
もう今ではそんなタイプのスマホ存在していません・・・。

OSはWindowsMobaile。そうあの有名なWindowsMobaileです。
今では影も形もありません。
未だにどこでアプリをインストール出来たのか解りません。

私は即、T01を購入。本体価格5万円ぐらいだったと思います。
確か5年間の契約だったと思います。

T01の悪口ばかり言ってもしょうが無いのでいい所も言っておきましょう。
まず、Wordが使える!!
さすがWindows!! だれがスマホでWordつかうねん!!

次にExcelが使える!!
さすがWindows!! だれがスマホでExcelつかうねん!!

最後にパワポが使える!!
さすがWindows!! ええかげんにせえよ!!

それだけのスマホでした。Podcastの使い方もよく分からず一度も使いませんでした。

メールもタッチペンでローマ字入力しなければなりません。
きっと開発チームの人達は一度も携帯メールを打った事が無かったのでしょう。
なにを考えて発売したのか全くわかりません。
ヒデもこれを旅の友にしていたのならばイライラしていたに違いありません。

docomoのにいちゃんもいけしゃあしゃあと「ビジネスで使うにはTが一番です。」
「twitter、もちろん出来ます、スマホに限ります。」「これからはスマホの時代です。」等、言っていました。

その後1年弱このT01を使ったのですが・・・電電公社が大っ嫌いになっただけでした。
解約違約金と残った機体代5万円ぐらい払ってdocomoごと辞めてやりました。(本当にきつかったです。)
結局twitterは会社のパソコンで始めました。
ナウと一言呟くのに何故パソコンを立ち上げなければいけないのでしょうか!!
全部電電公社のせいです。

やはり政府に守られぬくぬくとした電信会社なんて話になりません。
これからは孫さん一生ついて行きますといった感じでiphoneに乗り換えました。

時はiphone4発売に沸きに沸く2010年秋です。

やっとここまで来ました。このiphone4との出会いがSu-Pod製作に繋がっていきます。
iphone4を初めて使った時の感想はただ一言・・・”衝撃”。

国産製品とかなんてもう関係ないんだなと。グローバルの時代とはこういう事かと感じました。

今回はこれで終わります。
次回はついにSu-Podが登場すると思います。
それでは皆様失礼致します。
20140927スポッド②DSC_0370.JPG

※Su-Pod商品ページはこちら

後、こちら、今年もやります!!
宜しくお願い致します。

【2014秋のガレージ窯出市】
(場所)     
滋賀県甲賀市信楽町長野1330-2
壷八ガレージ(国道307号沿い、信楽図書館の前の広場)
(日程)
10月11日~13日の3日間
詳しくはこちらから。

【お知らせ】
①『陶琴』シリーズや当HPの商品に質問、疑問がございましたら遠慮なくお電話、eメールでご連絡下さい。
詳しくはこちらをご覧ください。

②実際に陶製水琴窟『陶琴』シリーズの水音を聴いて頂けるギャラリーも御座います。
詳しくはこちらをご覧ください。

Su-Pod誕生物語② -高度情報化社会に翻弄された悲しい純朴陶芸家-

20140922黒スポッド①DSC_0374.JPG
前回の続きです。
奥田大器です。

なぜdocomoのスマホを買ったのか、からでした。

―docomoからSoftbankへ―
時期を整理しておきます。時は2009年春頃だったと思います。
twitterしたさにガラケーからスマホ(当時はそんな呼び名はなし)への
転身をはかり喜び勇んでケイタイショップへと脚を運びました。

当時はdocomoユーザーです。でかい物には巻かれろ、寄らば大樹の陰
の精神で大学生の時分から電電公社様にお世話になっていました。(一時期関西セルラーでした。)

ここで僕は決定的な間違いを犯してしまいます。
間違いというか認識の違いをしていました。

当時iphone3Gが出ていてスマホと言えばiphone、ちらほら皆さんiphoneを持つように
なってきていた時代でした。

とんでもねえ面白いケイタイ電話がアップルから出たってんで
世間がにわかにそちらの方に胎動していました。

僕も何となくiphoneというものに惹かれていました。ケイタイに金を掛けるのは
ばかばかしいと思っていたのに何故かその時は”スマホ”なるもの、iphoneが欲しかったのです。

しかしその当時はiphoneを買うには携帯会社を変える必要がありました。
SBからしか出ていませんでしたからdocomoから乗り換えです。

しかし・・・”国産の方がいい製品に決まっている”と信じ切っていました。
なんせこちとら今持っているケイタイはSONY製品、ウォークマンが世界一、
ジャパンアズナンバー1だと真剣に思い込んでいました。

ケイタイの品質、サービスで我が愛する日本製品が
“あめりか”の”あっぷる”なんてのに劣る分けが無い、
アップルが作る様なもん、大日本の製造メーカー様が同じ物、
又は、それ以上の物を作っていると信じきっていました・・・。

アップルってピピン作ってた所だろうと完全に舐めていました。
マックも何も知らないパソコン音痴は恐ろしいです。
(マックなんて透けてるから有名なんでしょうぐらいしか思っていませんでした)

今思えばそんな見識で芸大卒とういのが恥ずかしい・・・。

docomoショップに駆け込んだ私は店員の兄ちゃんに言いました。
「twitter出来るiphoneみたいなケイタイちょうだい。」

Su-Podはまだまだ登場しませんが生まれるきっかけとして
私のスマホの歩みはどうしても切り離せません。

今回も書け切れそうにありません。
皆様には大変申し訳ないのですがもう少しのお付き合いを宜しくお願い致します。

つづく・・・。
20140922スポッド集合写真DSC_0364.JPG

※Su-Pod商品ページはこちら

後、こちらも今年もやります!!
宜しくお願いします。

【2014秋のガレージ窯出市】
(場所)     
滋賀県甲賀市信楽町長野1330-2
壷八ガレージ(国道307号沿い、信楽図書館の前の広場)
(日程)
10月11日~13日の3日間
詳しくはこちらから。

【お知らせ】
①『陶琴』シリーズや当HPの商品に質問、疑問がございましたら遠慮なくお電話、eメールでご連絡下さい。
詳しくはこちらをご覧ください。

②実際に陶製水琴窟『陶琴』シリーズの水音を聴いて頂けるギャラリーも御座います。
詳しくはこちらをご覧ください。

Su-Pod誕生物語① -高度情報化社会に翻弄された悲しい純朴陶芸家-

20140920すぽど①DSC_0572.JPG
毎日、毎日、水琴窟~水琴窟と言っている、
水琴窟陶器屋奥田大器です。

今回から水琴窟の他に作っている物もご紹介いたします。
『大器の器』オリジナル商品です。

本来オリジナル商品を紹介するためのブログでもあります。

というわけでSu-Pod誕生物語です。
スマホの音声拡張器です。仕組みは単純です。
電気使わず音量を拡声して伝える事が出来ます。

何故こいつを作ろうかと思ったかを話すと長い話になります。
しかし話させてもらいます。

長くなると思うので読むのめんどくさい人は見ないで下さい。

―iphoneとの出会い―
そうです、言わずと知れたアップルさんのiphoneです。
ちょうど2008年位から(すんませんそこらへん曖昧です。)

iphoneの3Gあたりが出始めて
すごいブームになってたと記憶しています。

僕は元々ケイタイにはなんの頓着も無く大学、社会人の始めの時も
全部一世代前のケイタイを使っていました。
SO502が出たらSO501を買うみたいな感じです。
懐かしいな。(SONYユーザーでした)

その当時は一世代前なら携帯機自体がタダだったんですね。
だから僕らの世代(30代半ば)は携帯機にお金払うという感覚が無い人多いと思います。
一世代前でも充分使えたし充分新しかった。

これが前々安倍内閣(2006年位)の甘利総務大臣の時に
一世代前携帯タダ制度が無くなったと思います。
もちろんこの時電電公社が大嫌いになりました。
政治というものは基本的に庶民を追い込む物だとも思いました。

そんなわけで古いケイタイを4年位使ってた分けですがもう色んなキーが
効かなくなってきました。メールもまともに打てないわけです。

さらに当時twitterが出始めて来ました。
なんかtwitterとかいう新しい”もん”があるらしい、これからはこれを使って
商売や仕事をしなくては時代に取り残される。
陶器製造業も使わなくてはいけない、なんて風潮が吹き荒れていました。
で、このtwitterをするためにはスマートフォンなるものが必要だと・・・

さらにこれからは本が全て電子になる。
ダウンロードして本を読む様になる。アメリカではすでにそうだと・・・
未来じゃないですか、話が。

それで「新しい時代の幕開けぜよ!!」てな感じで”スマホ”なるもの
(当時は”スマホ”なんて言葉は無かったと思います。)
を買いに行きました。どこにって?docomoにです。

賢明な読み手の皆さんはおかしいとお思いでしょう。そうです。
当時はiphoneはSBからしか出ていません。孫さん一人勝ちの時代です。

そうです。僕はiphone購入の前にdocomoでスマホを購入するという
愚行を犯してしまいました。

とてもではないですがこの”Su-Pod”の開発に至る経緯は一回では書ききれそうに
ありません。次回続きを書かせて頂きます。

何故、iphoneではなく”国産スマホ”を購入したか、
そこには頭が悪すぎる理由があります。

Su-Pod誕生まではまだ時間がかかりそうです。
20140920すぽど②写真 3.JPG
こいつを語るにはこの高度情報ネットワーク時代に翻弄された悲しい一人の
純朴陶芸家の物語があります。

皆さんもう少しお付き合いを。

※Su-Pod商品ページはこちら

後、こちらもやりますんで宜しくお願いします。
【2014秋のガレージ窯出市詳細】
場所     
滋賀県甲賀市信楽町長野1330-2
壷八ガレージ(国道307号沿い、信楽図書館の前の広場)
詳しくはこちらから。

【お知らせ】
①『陶琴』シリーズや当HPの商品に質問、疑問がございましたら遠慮なくお電話、eメールでご連絡下さい。
詳しくはこちらをご覧ください。

②実際に陶製水琴窟『陶琴』シリーズの水音を聴いて頂けるギャラリーも御座います。
詳しくはこちらをご覧ください。

『敬老の日』が近いです。

20140829昭三白黒IMG_0906_edited.JPG
皆様、敬老の日が近づいて参りました。
お年寄りを敬う水琴窟陶芸家、
奥田大器です。

当HPでは『敬老の日ギフト特集』を考えております。
『大器の器』HPオープンから早4か月、やっとHPで販売する事、Webでの宣伝の仕方、ブログの
活用の仕方等々が少しですが見えて来ました。

やはり実際にやってみないと解らないものです。勉強して頭では分かっていても実践して体で
憶える、体感しないと意味がないと思います。

キャンペーンをするのは時期的にはギリギリと分かっていますが何でもやってみなければ解らない
精神で行いたいと思います。

という分けで写真は私の祖父、奥田昭三です。窯を立ち上げた創窯者です。
もう27年前に亡くなっています。
敬老という言葉を聞くと何故か真っ先に思い出します。

そんな祖父に敬意を表して今日は写真をブログに載せてみました。

ここからは『純朴陶芸家 創作 信楽 大器の器』が敬老の日に皆様にお勧めする
お爺ちゃん、お婆ちゃんへのプレゼントをご提案致します。

『世界最小の水琴窟 陶琴Light』
20140829陶琴LightDSC_0102.JPG
水琴窟の”水音”と”使い易さ”の両立に徹底的にこだわった一品です。
徹底した簡素な構造で手軽に水琴窟の音色を楽しむ事が出来ます。

置く場所も玄関の靴箱の上、サッシ、又はテーブルの上等、
花瓶を置く感覚で水琴窟を生活に取入れて頂く事が出来ます。

お手入れ、管理もとても簡単です。

水滴が落ちて反響する音で生活に”潤いの場”を作って頂く事が出来ます。
さらに詳しい情報はこちらからどうぞ。

『宝瓶セット』
20140829宝瓶セットDSC_0038.JPG
より上質なお茶を楽しむときに使う『宝瓶』のセットです。
『大器の器』の急須を作ってきたノウハウを活かして新たに製作しました。

急須と宝瓶は同じ茶器なのですが似て非なるものです。
製作過程で何度も失敗を繰り返して作り上げました。

普段とは少し違った上質なお茶の時間をご提案致します。
さらに詳しい情報はこちらからどうぞ。

以上二点が『大器の器』の敬老の日ギフト特集商品です。
「少な!!」と思われた方、あなたの感想は合っています。

しかし何点も出せば良いという分けでも無いと思います。奥田大器が厳選に厳選を重ねこの2品としました。
まあ、少人数で全ての仕事をやっておりますので何十点も準備出来ないのも事実です。

そんな『大器の器』の敬老の日特集!!出来る事には全力で!!大手ショップサイトには商品数では敵いませんが
質と気持ちは負けていません!!
皆様宜しくお願い致します!!

ちなみに祖母です。
20140829祖母と陶琴LightDSC_0050-601.jpg
祖母は今日も元気にご飯を食べていました。
長生きしてや。

失礼致します。

【お知らせ】
『陶琴』シリーズや当HPの商品に質問、疑問がございましたら遠慮なくお電話、eメール下さい。
詳しくはこちらをご覧ください。

又、実際に陶製水琴窟『陶琴』シリーズの水音を聴いて頂けるギャラリーも御座います。
詳しくはこちらをご覧ください。

Su-pod製作中、スマホの音を”陶器”で大きく!!

DSC_0144.JPG

皆様こんばんは。信楽純朴陶芸家、奥田大器です。

iphone専用音声拡張陶器Su-Podを製作しています。

写真の製品はSu-Pod Earですが我が窯では「スポッド耳付」と呼んでいます。「耳!耳!」とも呼んでいます。

ご好評に付きせっせと製作しています。

私、てっきりポッドキャストや音楽を聴くために使われると思っていたのですが意外と電話の通話に皆さん使っておられるようです。

ためしに自分でも使ってみましたがよく聞こえました。フリーハンドですので仕事をしながら使えたので便利でした。(手前みそですが)

一度仕事の電話が掛かってきたらすぐに30分位経ってしまいますので自社で作っておいてなんですが助かっております。

DSC_0147.JPG

この写真は只今製作中の新製品の一部を作るものです。

もうすぐお知らせ出来ると思いますのでお楽しみにお待ち下さい。

自分が欲しくなる様な物を作りたいです。もちろん”生活に潤いを”の大器の器のテーマを盛り込んだ新製品です。

若手信楽陶器関係者さんと滋賀の若手Webクリエイターさんとのコラボ製品になると思います。

やはり一人では何も出来ません。しかし何人かよればいいアイデアが出て来ます。三人寄れば文殊の知恵です。

職人さんの技術があって、アイデアがあって出来上がってきます。もう今の時代は総力戦です。好き嫌い言ってられません。

又、陶製水琴窟『陶琴』シリーズに関しても積極的に皆様に知ってもらえるような事をしたいと思っています。

もうすぐブログ『水琴窟情報局』でお伝え致します。

それでは皆様本日は失礼致します。