大器の器・トップ > 水琴窟情報局 > 『大器の器』の陶琴への想いです。

『大器の器』の陶琴への想いです。

Posted on 2014.06.28(Category:陶製水琴窟『陶琴』)

IMG_6389.JPG

水琴窟を考える陶器屋、
奥田大器です。

大型陶琴を製作するにあたっての私の想いです。こんな事を感じて作っています。

折角の水琴窟情報局です。陶琴への想いを聞いて下さい。これから他の作品に関しても
この想いを書いていきたいと考えています。作っている人間がどんな事を考え、想って商品、作品を作っているのか。

そういった事も含めてお客様に分かって頂けるのがWEB、HPの良いところだと思います。
長文ですので興味のある方だけお読み下さい。

『大器の器』の水琴窟、陶琴は他と比べてここが違うという事、こだわりの場所の事を書いたつもりです。
少しでも陶琴の事を知って頂けたらと思います。

玄関の陶琴 大型陶琴への想い (陶製水琴窟)

・陶製水琴窟との出会い

『大器の器』のWEBサイトを立ち上げた理由はこの大型陶琴(以下陶琴)を皆様に使ってもらうためです。

2004年に信楽に帰って来て地元にある滋賀県工業技術センター信楽窯業技術試験場に後継者育成事業の研修生として入場しました。当時の私は東京で辞めた仕事の挫折感をもろに引きずっており毎日目の前に薄い膜が張っている様な状態でした。

自分の家業である窯が作った水鉢や傘立や急須の良さ等全く分かっていず今思えば自分が恵まれている事も理解できず試験場に通っていました。正直全く研修(修行ではないですよ、研修です)にも身が入っていませんでした。

大物ろくろ科に入所していたのですがこれが身に入っていませんから全く上達しませんでした。男22歳にして毎日同期の研修生(この人も学年が一つ上の地元の窯屋の息子、今は立派に継いでいはります)とサボってコーヒーばっかり飲んでいました。(あの時の自販機のコーヒーの味は今も舌に焼き付いています)

しかしそんな時研修担当の先生(僕の技術の師匠)が陶製水琴窟を作っていたのです。

はじめてその装置を見たとき本当に脳天から"ズん"と揺れが走った事を憶えています。

「これだ!!これを作って売っていこう!!」なんかわからないのですがそう思いました。それまで水琴窟自体知らなかったのにです。絶対に世間のお客様はこの装置を待ち望んでいると思いました。そう思い先生に頭を下げお願いしました。「作り方を一から教えて下さい。」研修にスイッチが入った瞬間でした。それからというもの手取り足取り一つ一つ製作の仕方、工程を教えて頂きました。先生は本当に優しく、丁寧に教えて下さいました。何も出来ないずぶの素人に本当に根気よく教えて下さいました。私も不思議とこの水琴窟に関しては何の抵抗も無くまるでスポンジが水を吸う様に色々な話に合点がいきました。

今もってあの感覚、教えて頂いていた一年間は不思議な感覚でした。

そして研修の最後にこう言われました。「俺が知っている事は教えた。しかしこれは完成の形ではない。これからは大器がこのノウハウよりプラスになるものを積み重ねてよりオリジナルの大器の水琴窟を作りなさい。」

そして陶製水琴窟にた対して「陶琴」とい名前を付けて頂きました。この「陶琴」という名前はとても大事な物なのでうちの窯(壷八窯)で商標登録しています。

これが奥田大器が陶製水琴窟「陶琴」を製作するきっかけです。この「陶琴」に出会う過程で思った事、考えた事が『大器の器』のテーマでありコンセプト『皆様の生活に潤いを届ける』に繋がっています。『大器の器』の原点の商品です。この先まだ研修2年目の出来事や実際に販売して行く過程、旅館やホテルへの飛び込み営業での失敗談などこの「陶琴」にはいろいろな事が詰まっています。しかしそれを書き始めるとキリがないのでまた機会があれば書きたいと思います。それではこの後は具体的に「陶琴」の技術的な事を述べたいと思います。『大器の器』の陶琴に対するこだわりです。

・『大器の器』の陶製水琴窟「陶琴」はここにこだわっています。

水琴窟ですのでこだわりは自然と「音」に集約されていきます。この音を出すにはどうすればいいのか。そしてもう一つ"潤い"を感じて頂くにはどうすればいいのか。それらの事をテーマに「陶琴」及びそのシリーズは製作しています。

まず「音」ですが水琴窟は水滴の落ちる反響音を愛でる装置です。水琴窟の窟は洞窟の窟です。陶琴の下部の反響器の土を洞窟に近く出来ないかと考えました。本来は甕なのですがそれを超えて洞窟を目指しました。下部反響器の湿度が高い状態になるように水をより吸収する土を使っています。水をよく吸収するという事は反響器の外側に染み出すという事です。これを染み出さない位の吸収率の土ですと反響音はそれまでの音です。その音でも素人の方が聴く分には充分綺麗な音です。しかしそこを妥協するわけにはいきません。その考えの元「大器の器」では反響器内部に水止剤と言われるシリコン溶液を塗っています。シリコンを塗るとこれは経験則で実際の科学的根拠は分からないのですがより共鳴器内部の湿気の吸着が良くなる感じなのです。普通シリコンが塗られているので水が付かないと思うのですが実際はシリコンが塗られている方が共鳴器内部の湿気の"感じ"が良くなります。これは使っている土との相性がある様です。もちろん土もそれ様に独自ブレンドをしています。10年作ってきた感覚になるのですがこちらの方がBESUTだと『大器の器』は考えます。

そして下部共鳴容器の内部の空間体積、水滴が落ちる高さも重要です。空間体積が大きすぎても、小さすぎても駄目です。落ちる高さも高すぎても低すぎてもいけません。

これは上部水鉢からの水が落ちる量に合わせて作ります。以前、(今も挑戦中ですが)手のひらサイズの陶琴を作ろうとしたのですがやはりその共鳴容器と水滴の大きさ、落ちる

高さの割合の関係でどうしても納得のいく音が出ませんでした。それですので形は出来ているのですがまだ販売していません。なんとか完成させたいと思っているのですが。

今のところ水滴の落ちる高さに音の出る(水琴窟として)限界がある様に感じています。やはり使い勝手という事を考えればコンパクト化した方が良い面があると思います。

その"サイズ"と"音"というところで陶琴シリーズのせめぎ合いがあります。

次に上部水鉢部分ですがこの部分で下部共鳴容器に落ちる水滴の"量"と"大きさ"を調整しています。植えている植物に水をやる、その水が下に滴っていくその場所に"ある細工"(あえて細工と申します。)を施しています。この細工が水滴の大きさを決めています。水琴窟の音と思って頂けるにはその水滴が一定の範囲の大きさである必要があります。ただ上から水をそのまま流せばよいと言うわけではありません。それは"つくばい"です。つくばいと水琴窟は違います。水琴窟はしっかりと"水滴"になって落ちなければいけません。最大の陶琴の肝です。他の製作工程は大器の器の職人さんの得意分野を合わせて工房皆で作りますが、その水滴を作る部分だけは全て奥田大器、私だけしか作りません。

その方法も窯では私しか知りません。(親父も知りません)見れば形は分かるのですが細かい秘密のノウハウが数点あります。これが出来なければ"水滴"として上手く落ちないという部分があります。

全ての陶琴シリーズの"水滴製造部分"は責任を持って奥田大器しか作りません。

そうやって作って、この10年かけて一回の窯での良品率は70%ぐらいです。(調子がいい時は80%ぐらい)微妙な土のささくれ一つで駄目になる場合があります。それでも最初に比べれば良くなりました。全部ションベンみたいに水滴にならず垂れてしまう事がほとんどでした。

焼き上がってきたら一つ一つ実際に水を流して水滴になっているかチェックします。

ここで親父や職人さんと話し合って陶琴として出せないと判断した物は商品にしません。

そして大器の器の陶琴は実際の水琴窟より水音を大きく、水滴がよく落ちる様に作っています。それはなぜかと言うとその方が実際にご家庭や旅館のロビー等で使うにはより水琴窟として感じて頂けると判断したからです。この部分に関しましては水琴窟としての"分かりやすさ"を重視しました。いろんなお客様の声を聴いた結果です。実際より少し音を大きくする事で聞こえる範囲が広がります。

また実際の水琴窟は地中に甕を埋め込み蓋をして竹筒等で聴く場合があります。開発された江戸時代には国道を走る車はなかったでしょうし、夜は今とは比べものにならないぐらい人間の活動はなかったと思います。また武家屋敷等によく設置されていたらしいのですが当時の武家屋敷街はとても静かだったと思います。

当時作られた水琴窟と現代の陶琴だと聴く環境があまりにも違うのです。また陶琴は土の中には埋め込みません。簡易移動が可能です。時代と装置としての違いを考えた場合音を少し大きくする事にしました。お客様からは幸いご好評を頂いています。まだまだ手探り状態ですが自信を深めています。

また高台が大きいため乾燥にも特別な工夫があったり、共鳴容器の体積の工夫があったりと他にも沢山特別なノウハウがあります。小さい卓上型にはそれぞれの工夫があります。それらは全て作っていく過程で一歩進んでは二歩下がる、たまに三歩進むの繰り返しでした。今も発展途上だと思っています。

これからもこの陶琴で、大器の器の製品で『皆様の生活に潤いを届ける』事を行っていきたいと思います。

これからも『陶琴』を宜しくお願い致します。

人気の商品紹介
小丸陶琴
純朴陶芸家 奥田大器
現代社会に生きる皆様に“潤い”を届ける!
これが奥田大器が『大器の器』で行いたい事です。
奥田大器の紹介はこちら