大器の器・トップ > 奥田大器の活動ブログ > 小5が"ゴジラVSキングギドラ"を観たらそりゃやられる。

小5が"ゴジラVSキングギドラ"を観たらそりゃやられる。

Posted on 2017.06.14(Category:奥田大器は語りたい)

20170614_eiga_01_132235802918013210289.jpg
今日は映画コーナー!!
純朴未来人陶芸家の
奥田大器です。

目指せいいね!の数20。
前回の大怪獣バランのYoutube
視聴回数は16回でした。
でもめげない。
Youtubeでは20分喋ってます。
CH最長時間です。
陶器ブログなのに。

ゴジラVSキングギドラ」です。
1991年の公開です。もう26年前。
四半世紀以上前だよ!!
まじか~。
昨日の様に観たのを憶えてるな~。
京都の四条河原町の映画館行きましたよ。
当時は何て言ってたかな?
もう丸善もありません。
年取ったわ~。

未来人が出て来ます。
そしてサイボーグも出て来ます。
恐竜も出て来ます。
ドラットも出て来ます。

バックトゥザフューチャーと
ターミネーターと
何故かこの2年後に公開される
ジュラシックパークと
グレムリンがごちゃ混ぜになった
素敵な映画です。
後、ダイハードもちょっと入ってると思う。

スピルバーグ監督も出て来ます。
(あれは果たしてスピルバーグなのか?)
20170614_eiga_02_images.jpg
サイボーグM11です。
僕この人のサイン持ってます。
今も大阪の十三に住んでるはるらしいです。
とても気さくな方でした。
サインは勿論家宝です。

「ゴジラ84」が80年代全開映画なら
「ゴジキン」は90年代バブル感
全開のゴジラ映画です。
ケチャックさん事チャック・ウィルソンさんも
未来人役で出てます。
タイムマシンはあるのに
翻訳装置は無いんやと思わせる
訛り全開で演技されています。
もう堪らん。最高です。

バブル絶頂期で製作された事もあって
未来の日本が世界を経済で
征服しているという設定になっています。
今観ると何のブラックジョーク
やねんといった感じです。

僕は小5でした。
TVスポットでもうやられてたね。
CM見る度に絶頂を迎えていました。
怪獣の虫に刺された瞬間です。

親に頼み込んで連れって貰いました。
終わった後もう一回観ようと
(当時は劇場に残れたのよ)
してたのを引きずり出されたのを憶えています。

この続きはYoutube大器の器CHで。
HPを私物化しているので
HP運営会社に怒られるかも知れません。
でもそんな事知ったこっちゃねえ。
詳しく製作の歴史なんかを語らせて頂きました。
最長の21分。
耐えられる人だけ目撃せよ!!


【大器の器チャンネル】第71話
キングギドラの前の企画は
モスラVSバガン!!



・前回の特撮ネタ、
『大怪獣バラン』はこちら。

庭園陶琴 玄関の陶琴 お部屋の陶琴 ショールームはこちら 大器オリジナル 商品ページはこちら 水鉢 商品ページはこちら
純朴陶芸家 奥田大器
現代社会に生きる皆様に“潤い”を届ける!
これが奥田大器が『大器の器』で行いたい事です。
奥田大器の紹介はこちら