大器の器・トップ > 奥田大器の活動ブログ > これが傘立の釉掛けだ。

これが傘立の釉掛けだ。

Posted on 2018.05.16(Category:日々の制作のこと)

20180516_kasatate_01_IMG_5667.JPG
釉薬を掛ける。
純朴傘立て陶芸家の奥田大器です。
このロクロは足で蹴って回します。

足で蹴ってる瞬間の写真も撮れたんですが
ちょっと行儀が悪い。
写真はビジュアル印象が全てなので
載せませんでした。
でも蹴らないと回らないからね。
20180516_kasatate_02_IMG_5661.JPG
これが社長(親父)が
釉掛けした傘立です。

下地の黒化粧は俺が掛けたんですよ。
俺もやってます。
ちょっとだけでもやってます。
自己アピールします。

傘立つくりたいですね。
ガンガン作らないと駄目なんです。
しかし昨今傘立を使うシーンが無い。
新築祝いに傘立贈らないでしょ。
昔はその贈り物需要が信楽焼産地を
潤わしたんです。

しかし新築祝い需要が無くなった今、
傘立の売れる道が解りません。
結構がんばって模索したんですよ、
この10年。
己の無力感、プロダクト力の無さ、
根本で色々無理なんちゃう感、
皆さん傘立買いませんか?
いいですよ傘立。
玄関に傘立あったら便利ですよ。
突然の雨の日、傘立あったら最高です。

本当にくだらない話をして申し訳ない。
しっかりと信楽焼の傘立を考えます。
何かがある筈。きっと道がある筈。

頭は帽子被る為にある訳ではありません。
考える為にあるのです。


【大器の器Ch】第248話
社長の釉掛け映像を淡々とどうぞ

庭園陶琴 玄関の陶琴 お部屋の陶琴 ショールームはこちら 大器オリジナル 商品ページはこちら 水鉢 商品ページはこちら
純朴陶芸家 奥田大器
現代社会に生きる皆様に“潤い”を届ける!
これが奥田大器が『大器の器』で行いたい事です。
奥田大器の紹介はこちら