金魚鉢の現実

Posted on 2018.03.24(Category:水琴窟と水鉢について)

20180324_kingyo_01_DSC_0420.JPG
どうも金魚鉢陶芸家です。
純朴金魚大好き陶器屋の
奥田大器です。

・・・3年前です。
金魚鉢陶芸家サイトとして
『大器の器』売り出そうとしたんです。
その為に沢山写真撮りましたよ。
20180324_kingyo_02_DSC_0408.JPG
その当時のブログは
そりゃ~金魚好きな感じを出す為に
必死になっています。
お暇な方もし宜しければブログ漁って下さい。

すいません3年経った今白状します。

当時はそんなに金魚の事興味ありませんでした。

大和郡山に金魚買いに行ってましたわ。
そこは楽しかったですけどね。
20180324_kingyo_03_DSC_0414.JPG
この金魚鉢やってる時に
きのこの山皿が取材されたんです。
・・・いっきにそっち方面行きました。

水琴窟から金魚鉢。
これは繋がりがあると勉強したんです。
しかし金魚難しい。
ビジュアルも大事だと一眼レフも買いました。
写真の撮り方も勉強しました。
上の3枚の写真は3年前の写真です。

燃えてたな~あの時は金魚鉢に。
20180324_kingyo_04_IMG_5289.JPG
これがさっき撮った写真です。
金魚鉢の写真です。

・・・2匹います。3年前から残っています。
かなり大きくなりました。
またこの2匹が元気なんだわ。
20180324_kingyo_05_IMG_5290.JPG
猫やカラスにやられない様に
ネットは被せましょう。
ネット被せたら金魚見えへん。

又、大和郡山に金魚買いに行こうと思います。
この3年でちょっとは金魚の事掴みました。
今なら理想的な金魚鉢の活用が出来る様な気がする。
まずこの鉢綺麗にしたい。

そして3年経って改めて気が付いた事・・・、
俺は怪獣特撮が大好きだ。
無理はいかんよ。


【大器の器Ch】再放送

庭園陶琴 玄関の陶琴 お部屋の陶琴 ショールームはこちら 大器オリジナル 商品ページはこちら 水鉢 商品ページはこちら
純朴陶芸家 奥田大器
現代社会に生きる皆様に“潤い”を届ける!
これが奥田大器が『大器の器』で行いたい事です。
奥田大器の紹介はこちら