大器のブログ
大器の活動ブログ

後は"泥相撲"取るだけ!!(2017.07.21)
ついに明日です。純朴汗の塊陶芸家の奥田大器です。土俵準備整いました。明日泥にまみれて相撲を取るだけ。何卒無事に終わりますように。火まつりの松明までの空き時間になんかしようの一言から...

明後日(22日)は信楽泥相撲!!(2017.07.20)
もうここまで来たら宣伝ですよ!!純朴泥相撲陶芸家の奥田大器です。明後日の22日は泥相撲信楽場所2017です。始まります。ついに始まります。今年で2回目です。場所は新宮神社です。本日...

"クレーン"を見よ!!(2017.07.19)
来てますクレーン!!純朴クレーン陶芸家の奥田大器です。怪獣好きはクレーンと送電線が好き。第二期ウルトラシリーズにはクレーンは必須アイテムです。クレーンと送電線見たらテンションが上が...

窯場から水が止まらない・・・。(2017.07.18)
通路が・・・。純朴水陶芸家の奥田大器です。この2~3日の雨は何なんですかね。降り過ぎ。本当につらい。ちょっとタガが外れた様に降りますね。昨日大雨のタイミングで車で帰って来たのですが...

これが"泥相撲"の根幹!!(2017.07.16)
今週は泥相撲Week!!なんで泥相撲陶芸家の奥田大器です。泥相撲の根幹は、"スポンサー様懸賞垂幕"です。これこそが泥相撲の肝です。皆様から頂いた"気持ち"。これを昇華させる工程です...

水琴窟情報局

水琴窟の‟水音"を訪ねる旅(13)教林坊再び・・・
昨日行って来ました。久々の‟水琴窟探訪"です。純朴水琴旅陶芸家の奥田大器です。近江八幡の教林坊。2年前に続き教林坊再びです。我が心の水琴窟の水音を確認しに行って来ました。侘しい・・・。ただ侘しい・・・...

水琴窟の"水音"を訪ねる旅(12)【後編】滋賀県甲賀市 多羅尾代官所跡
多羅尾代官所跡に発見された"水琴窟"跡そのレポート、後編です。前回までの水琴窟情局はこちら→水琴窟の"水音"を訪ねる旅(12)【前編】滋賀県甲賀市 多羅尾代官所跡前編では多羅尾の説明で終わってしまいま...

水琴窟の"水音"を訪ねる旅(12)【前編】滋賀県甲賀市 多羅尾代官所跡
皆様、お久しぶりです。今年3月以来の『水琴窟旅』です。しかし今回は"水音"はしません。水琴窟"跡"です。行って来たのは多羅尾代官所跡です。信楽の深南部(ディープサウス)、三重と京都の県境です。俺の親元...

水琴窟の"水音"を訪ねる旅(11)滋賀県大津市坂本 日吉大社参道 山王園
第11回目の水琴窟の"水音"を訪ねる旅、今回は日吉大社です。こんにちは、水琴窟を追いかける水琴窟陶器屋、奥田大器です。比叡山延暦寺の麓、日吉大社に行ってきました。第一回目の水琴窟の旅が延暦寺でした。麓...

水琴窟の"水音"を訪ねる旅(10)京都市 桂川PA(上り)
この水琴窟の水音を訪ねる旅も記念すべき10回目です。すばらしい。なんでも10回続けるのは大したもんです。その記念すべき10回目が"桂川PA"です。妙心寺とかと思ったでしょう。それはまだ後に取っておきま...

製品紹介
陶製水琴窟の紹介

水琴窟を信楽焼で製作しました。職人による完全手作り製法です。 水滴が反響して奏でる“音”を皆様の生活空間でお楽しみ下さい。

陶製水鉢の紹介

皆様の生活のシーンに合わせてお使いになる事が出来ます。
いきものを飼う、植物を植える、飲料を冷やす。その他にも皆様の思う様にお使い下さい。

奥田大器オリジナルの紹介

奥田大器が今までとは少し違う陶器作品をご提案致します。
こんな物を陶器で作ってみたかった、信楽焼の新しい可能性に挑戦します。

陶製水琴窟の紹介 陶製水鉢の紹介 奥田大器オリジナルの紹介