蓋を鬼の直し作業


間違えたら直したらいい。
修正も大事な製作工程陶芸家の奥田大器です。久しぶりの二度手間をやってしまいました。

お写真の品は茶香炉です。茶葉を蝋燭で炙りその香りを楽しむ陶品です。蓋が二重になっています。中蓋で茶葉を受けて外蓋で蓋をします。

こんな感じです。
この蓋の寸法を間違えました。
間違えて削ってしまいました…。

胴体と蓋は別ですのでそれぞれの乾燥具合が違います。それを計算に入れて削っていきます。焼き上がった時にピチッと合うようにです。急須作りでは必須の技術です。

…もう一度言います。やってしまいました。土曜日に削った蓋が胴体と合わない。大きめに削っちゃったよ。久々にやってしもうた。削る径を完全に間違えた。

大急ぎで修正しましたよ。奇跡的に土曜にやった分が完全に乾いてなかった。何とか事なきを得ました。しかし恥ずかしい。こんなミスは初心者ですよ。完全に勘違いしてました。本当に今後気を付けます。

これが裏なんです。この穴に蝋燭を入れます。そして茶葉を炙ります。

蓋(外蓋)にはこれから透かしを入れます。ですので削り仕上げはしますが乾燥はさせません土がある程度乾燥したらもう何も出来ません。ナイフで透かしを入れるなんて絶対出来ません。

ですので透かし作業まで慎重に保管します。

【陶琴Presents 水沁み出しラジオ】#26
蓋を鬼の直し作業

新しい水琴窟作りました


床の水沁みが痛恨の写真。
どうも、水が沁み出している水琴窟陶芸家の奥田大器です。皆さん生活に潤いという名の水は沁み出していますか。

新しいサイズの水琴窟、陶琴を作りました。堂々の発表です。もうちょっと写真をなんとかした方がいいという声が僕の脳に直接聞こえます。

…しっかり写真撮ってあげたら良かった。せっかくの久々の新サイズ。改めてちゃんと写真撮ります。

左が従来サイズの大型陶琴。右が新商品の丸っこい陶琴。丸型陶琴です。

ややこしい!卓上水琴窟に丸陶琴がある。
絶対に間違える商品名。名前も改めて考えましょう。しかしこう言うのって得てして最初に言っちゃった物がしっくり来ちゃうんですよね。言霊です。完全に言霊。丸型陶琴が凄く良く感じて来ちゃった。

あ、なんかそれ以外この子の名前の感じがしない。

球型、これやったら旧型と音が一緒やな。…球体陶琴…なんかフジテレビみたいやな。ああ!丸型陶琴しっくりくる。

砂利、コケ、植栽スペースもばっちりで御座います。

是非皆様『丸型陶琴』を宜しくお願い致します。

そしてご用命のオリジナルサイズがありましたら遠慮なくご連絡下さい。可能な範囲で要望のサイズの水琴窟を製作致します。

【陶琴Presents 水沁み出しラジオ】#25
毎日そんなに喋られない

信楽はいい∼天気!


思わずビックリマーク付けてしまいました。
純朴いい天気陶芸家の奥田大器です。
工場よりの青い空をどうぞ。

いや∼今朝とってもいい天気でした。信楽は寒いです。この時期は空気が澄んでいます。そこに色づく山々。いい所だわ信楽。

本当に朝寒いんですよ。関西のニュースでは信楽の最低気温連続で言ってますよ。近畿で一番冷える土地信楽。沖縄とかは暖かいらしいですが信楽は順調に冷えてきています。

我が工場より信楽の風景。奥に見える集落は旭町辺りか。信楽駅のある地区です。線路も見えています。信楽高原鉄道が走る姿も見えます。まるでミニチュア。もういい∼天気だからくさい事も言っちゃう。

山も随分色付いて来ました。すごい紅葉と言う訳にはいきませんがいい物です。手前が線路です。タイミングが良ければ汽車通ります。

それからビックリマークではなくエクスクラメーションマークという事位は知っています。しかしビックリしたと思うほどいい天気でした。

澄んでいる空気、過ごし易い気温、そんな中窯処の散策なんか如何でしょうか。

【陶琴Presents 水沁み出しラジオ】#24
“きのこの山”付けます

GOTO”信楽”始めました


遅ればせながら始めました。
地底GO!GO!GO!陶芸家の奥田大器です。
何かなと思った人は調べてみて。

GOTOです。世の中は右を見ても左を見てもGOTOです。未だ実物の紙クーポンをお目にかかった事はありませんが国がやってくれるのなら乗るしかない。

連日信楽にも沢山のお客さんが訪れています。世は正に観光ブーム、旅行ブームと言っても過言ではありません。

皆で地域共通クーポン使って下さい。紙、電子どちらも使えます。さらにお目にかかった事が無い電子クーポンですが。登録自体はとっても簡単でしたよ。そりゃお客さんの方が設定するもんやからね。受ける側はそんなに難しく無かったです。

こんな素敵なきのこの山皿もクーポンがあれば簡単にお買い上げして頂けます。

話は変わります。
きのこの山皿、たけのこの里皿、ハート皿、この3つの商品のどれかをWEBショップからお買い上げ頂いたお客様には、

お菓子、『きのこの山』or『たけのこの里』をお一つプレゼント!(令和3年1月末まで)

『きのこの山』『たけのこの里』付けちゃうキャンペーンを行います!このキャンペーンはWEBショップ対応、GOTOチケットはショールームでの対応。解り難い…改めてきのこの山キャンペーンはブログに書きます。

それでは陶器屋は首が痛いという話をどうぞ。

【陶琴Presents 水沁み出しラジオ】#23
陶器屋は首が痛い

フリーカップの削りです


ロクロにフリーカップを据えて(逆向き)仕上げの削りをしています。

どうも、純朴フリーカップ陶芸家の奥田大器です。人生もフリーダムでありたい。そんな事を思う39歳です。

フリーカップ作りが宴もたけなわです。定期的にフリーカップの注文が入ります。有難い話です。有難い話ですので削ります。受け口に向かって沿っている形のフリーカップです。

機械ロクロの石膏型から出てきた素地がそのままでもかなり綺麗です。フリーカップは。ですので少しの箇所削るだけで出来上がります。

いじる必要がない。

単純な形こそ綺麗。手を加える箇所が少ないという事は変に削ると違和感増大です。違和感が出ない様にそっと削っています。

陶製のフリーカップはビールを入れると泡立ちが良いです。陶器は多孔質です。表面に沢山の穴が開いています。ですので気泡が立って泡がよく立つ。飲み口がクリーミーになる。専らそんな話です。

ちょっと前にはその泡立ちを利用して文字が浮かんでくるビアカップなんていうのも信楽で作ってました。今も販売していたな。お近くの雑貨店で見つけて下さい。なかなかのアイデア商品です。僕それを発明した人知ってるんですけど名前とか浮かしてはった記憶があります。

泡を抑える箇所とよく発砲する箇所を作ってやれば確かに出来ます。信楽は何でも作るんやなあと感心したものです。

【陶琴Presents 水沁み出しラジオ】#22
陶芸家と陶器メーカー