大きな水鉢の作り方


巨大な鎌が二つ。
機械ロクロで大きな水鉢も作れます。
純朴水琴窟陶芸家の奥田大器です。
機械ロクロって重要です。

2尺からそれ以上直径がある物も機械ロクロで作ります。形、製作時間等が手で引くより安定します。どちらかが優れているとかそういう話ではありません。焼物の作り方には色々あります。それこそ3Dプリンターを使う時代にもなって来ています。

技術の進歩と共にこれからも色んな成型方法が生まれると思います。

うち(壺八)はこの石膏型と機械ロクロが主たる製造手段です。直径2尺の水鉢も写真の様な感じで作っていきます。この型、土も入っていますのでかなり重いです。慣れてない人が持ち運びしたら簡単に腰をいわします。

うちの職人さん簡単に持ち運びします。腰どうなってるねん。

この大きな水鉢を作るのもコテが重要です。コテの刃が甘ければしっかり形が出ません。又出ても時間が掛かります。そして物が大きいのでコテ自体の重さも必要です。

重量が無いと土に持っていかれてブレます。
これは小さな急須の胴体を作るのも同じです。コテは刃と重さがとても大事です。

大壺の石膏型です。
大壺もこの機械ロクロで作ります。
これも重い。

本日のラジオではこの写真の事を喋っています。何でしょう?ティーポットの蓋です。
蓋にも色々な形があります。仕上げの削り方がそれぞれ違います。
初めてで焦ったという話です。

【陶琴Presents 水沁み出しラジオ】#20
蓋を削る…初めての形

機械ロクロはコテの刃が命


解りますか?この写真。
どうも、純朴水琴窟陶芸家の奥田大器です。水琴窟以外にも作る物はあります。

僕の仕事は主に機械ロクロの押しです。石膏型とコテの間を調整して商品を作っていきます。

このコテはティーポットを押す為の物です。作る商品によってコテを変えていきます。その都度厚みやコテの位置を調整します。自分で言うのも何ですがこれが中々勘が要ります。目を瞑っても合わせられる域には達しておりません。

このコテ、刃が大事です。僕は命と思っています。石膏側の刃がしっかり出ていれば作業がスムーズに進みます。
そうでなければ倍の時間が掛かります。写真では汚いですが刃は常に気にしています。タイミングを見て研ぎましょう。

コテで押したらこの様な感じで石膏型から素地が出てきます。土によって石膏から剥がれ易い、難いがあります。天気(湿度と気温)によってもそれがあります。
梅雨とか冬は剥がれ難いです。これから剥がれ難い季節に突入です。

もう石膏型叩いて叩いて手が痺れてくるんです。水気が飛ぶ事をいつも期待しています。

刃が鋭いとこの淵がしっかり出ます。蓋を受ける大事な場所です。機械ロクロにしろ手引きにしろ蓋物はこの淵周りが重要ポイントです。(蓋物と呼ぶくらいですから)

機械ロクロだからと言って簡単という事はありません。土の状態、刃の状態で変わって来ます。急須等を購入する時は見てやって下さい。僕は結構淵を見ます。

今回の水沁み出しラジオは蓋についても…これから水沁み出しラジオは短くなります。今まで狂った様に20分近く喋っていましたが。忙しい現代社会、誰が素人のお喋りに20分も割くんだという話です。これからは5分!そして陶器の事を喋ります。陶器ラジオですから。信楽焼ラヴの精神でやっていきます。

【陶琴Presents 水沁み出しラジオ】#19
いい加減に陶器の事を喋れ!

思い出の大阪芸大


は~い只今、土をころし過ぎて穴が開きかけているサイレンを頂きました。こんなんなんぼあっても足りませんからね。ありがとうございます~。

あんな、うちのオカンが焼物の産地で働いてるおっさんが何処のおっさんか解らんて言うよるねん。

焼物産地のおっさんと言うたら信楽のおっさんに違いないやないか。そりゃ信楽のおっさんや。間違いない!

でもな、そのおっさんは昼にオープンカフェでパンケーキのランチプレートを食べてるらしいねん。

ほな信楽のおっさんと違うか~。信楽のおっさんの昼めしはお母ちゃんが作った昨日の晩飯の残りやからね。魚は鰯しか出てこうへんねんから。大根の煮物が一晩経って異様な匂いを放つようになったもんを飯に乗っけてかき込むからね。1時になったら仕事に行かなあかんから8分位で腹に入れてバイキングかひるおびを見て昼寝するからね。それは信楽のおっさんと違う。間違いない!

でもな、3時になったら何があっても休憩するらしいねん。

ほな信楽のおっさんか~。信楽のおっさんはどんなに作らなあかんもんがあっても3時から3時半までは絶対休憩するからね。それはもう太陽が東から登って西に沈むのと同じ位の法則性やからね。俺は信楽のおっさんは実はロボットで3時から3時半までは何があっても休憩する様にプログラミングされていると睨んでいるからね。あれはもうAIよ。でもね3時から3時半に仕事さす陶器屋の大将がいたら俺は動くよ!

でもな、何処に行くにも帝産バスでしか移動せいへんらしいねん。

ほな信楽のおっさんと違うやないかい!信楽のおっさんは何処に移動するにも軽トラか軽四しか使わへんねん!大体帝産バス使ってどうやって配達するねん!俺の知ってる信楽のおっさんは30年位同じ軽トラ運転してるんやから。シートの体重掛かる所が破れて中の綿出てるんやから!リクライニング壊れてず~っと背中押してくるんやから。それを針金で止めてるんやから!帝産バス使うのは信楽町を捨てて大津方面に行く賢い高校生だけ。それは信楽のおっさん違う。間違いない!

でもな、おかんが言うには信楽のおっさんらしいねん。

ほな信楽のおっさんやないかい!君、僕が信楽のおっさん違うて言うてた時どういう気持ちで聞いてたん!?いい加減にしなさい!もうええわ。

【陶琴Presents 水沁み出しラジオ】#18
思い出の大阪芸大

「よ∼いドン!」に再び出た!


僕は越冬つばめが大好きです。
純朴森昌子陶芸家の奥田大器です。

「よ∼いドン!」をご覧になってご注文を下さった皆様、本当に有難うございます。俄然気合が入ります。只今製作を気張っています。

発送出来るご注文の分より順次発送させて頂きます。皆様宜しくお願い致します。

とても有難い話です。取り上げて頂き本当に有難いです。なかなか自社ECは皆様にお伝えするのが難しいんです。それはこの5年で痛感しています。そんな中お前の商品は面白いとメディアに取り扱って頂ける。これがどれだけ有難い事か。人の目に留まるというのは難しいんです。多分普通にしていたら無理です。

世の中は信楽焼の一窯元の事なんか見てくれません。(勿論注目を集められる窯元や作家さんもいますよ。本当に一握りですが)僕は只のラッキーですが自分からの発信をコツコツ続けていたらちょっとは見て貰えた。何度も言っていますがもう一度言います。有難いです。

自社ブログの続け方という事ではこれから先結構心配しています。なかなか”伝える”事の見通しが難しいのもこれ事実です。

自社ブログを始めてもうすぐ10年です。自社ECサイトは6年です。これからどうしていったらいいんだろうと不安は正直あります。答えが無いんですね。

小さい頃から大学の時、社会人になってから、常に「お前は先の事を何にも考えていない。」「ボンボン体質の甘ちゃん。」と言われて来ました。しかしですね…先の事って考えられる?計算して上手い事仕事が運ぶ事ってある?考えてもなかなか思い通りには進まないよ。それが出来たら苦労はしない。そんな簡単に陶器商品のアイデアは出て来ない。そんな簡単に他人様に伝える事なんて出来ません。

結局はいつも目の前のやる事をひたすらやる。これしか答えが無いんですね。常に未来は誰にも解らないし常に未来は僕らの手の中なんです。幾つ年を取っても。

明日も頑張ります。どっかの芸能人が「頑張らないと出来ないなら要らない。」と言ってましたが頑張るのが正解です。好きだったら頑張らなくてもいいだろうという意味なんでしょうが「頑張ります。」位言わせてくれよ。そんな世の中になってほしい。

【陶琴Presents 水沁み出しラジオ】#17
よ∼いドン!に再び出た!

頑張って宣伝です。
大器の器の信楽焼水琴窟『陶琴』シリーズはこちら。
http://bit.ly/2mcQMFx

『きのこの山』専用皿に関する商品はこちら。
http://bit.ly/2ULBoAg

『よ∼いドン!』を御覧になってHPに来て下さった皆様へ

本日9月8日(火)放送の関西テレビ『よ∼いドン!』を御覧になって来て頂いた皆様有難う御座います。

円広志さんはとても良い方でまさか二度も来て頂けるとは思っていませんでした。関西金曜夜の名曲「ハートスランプ二人ぼっち」をスマホに入れたいと思います。

大器の器の信楽焼水琴窟『陶琴』シリーズはこちら。
http://bit.ly/2mcQMFx

『きのこの山』専用皿に関する商品はこちら。
http://bit.ly/2ULBoAg

大変申し訳ありません。キットカット専用皿は今は御座いません。

二枚目のとなりの人間国宝ステッカーに恥じない様に頑張ります。