11/28、29、今週末の『大器の器』ショールーム情報

11月28日(土)
営業致します。
9:00~17:00までです。

11月29日(日)
営業致します。
9:00~17:00までです。

●GOTOトラベル地域共通クーポン使えます。(紙、電子両方使えます)

●各種クレジットカード
●PAYPAY
●楽天PAY
使えます。

株式会社 壷八 『大器の器』
〒529-1851滋賀県甲賀市信楽町長野1330-2
電話:0748-82-0186
FAX:0748-82-3483

ショールームへの道案内のブログです。

平日もやってます。

蓋を鬼の直し作業


間違えたら直したらいい。
修正も大事な製作工程陶芸家の奥田大器です。久しぶりの二度手間をやってしまいました。

お写真の品は茶香炉です。茶葉を蝋燭で炙りその香りを楽しむ陶品です。蓋が二重になっています。中蓋で茶葉を受けて外蓋で蓋をします。

こんな感じです。
この蓋の寸法を間違えました。
間違えて削ってしまいました…。

胴体と蓋は別ですのでそれぞれの乾燥具合が違います。それを計算に入れて削っていきます。焼き上がった時にピチッと合うようにです。急須作りでは必須の技術です。

…もう一度言います。やってしまいました。土曜日に削った蓋が胴体と合わない。大きめに削っちゃったよ。久々にやってしもうた。削る径を完全に間違えた。

大急ぎで修正しましたよ。奇跡的に土曜にやった分が完全に乾いてなかった。何とか事なきを得ました。しかし恥ずかしい。こんなミスは初心者ですよ。完全に勘違いしてました。本当に今後気を付けます。

これが裏なんです。この穴に蝋燭を入れます。そして茶葉を炙ります。

蓋(外蓋)にはこれから透かしを入れます。ですので削り仕上げはしますが乾燥はさせません土がある程度乾燥したらもう何も出来ません。ナイフで透かしを入れるなんて絶対出来ません。

ですので透かし作業まで慎重に保管します。

【陶琴Presents 水沁み出しラジオ】#26
蓋を鬼の直し作業

新しい水琴窟作りました


床の水沁みが痛恨の写真。
どうも、水が沁み出している水琴窟陶芸家の奥田大器です。皆さん生活に潤いという名の水は沁み出していますか。

新しいサイズの水琴窟、陶琴を作りました。堂々の発表です。もうちょっと写真をなんとかした方がいいという声が僕の脳に直接聞こえます。

…しっかり写真撮ってあげたら良かった。せっかくの久々の新サイズ。改めてちゃんと写真撮ります。

左が従来サイズの大型陶琴。右が新商品の丸っこい陶琴。丸型陶琴です。

ややこしい!卓上水琴窟に丸陶琴がある。
絶対に間違える商品名。名前も改めて考えましょう。しかしこう言うのって得てして最初に言っちゃった物がしっくり来ちゃうんですよね。言霊です。完全に言霊。丸型陶琴が凄く良く感じて来ちゃった。

あ、なんかそれ以外この子の名前の感じがしない。

球型、これやったら旧型と音が一緒やな。…球体陶琴…なんかフジテレビみたいやな。ああ!丸型陶琴しっくりくる。

砂利、コケ、植栽スペースもばっちりで御座います。

是非皆様『丸型陶琴』を宜しくお願い致します。

そしてご用命のオリジナルサイズがありましたら遠慮なくご連絡下さい。可能な範囲で要望のサイズの水琴窟を製作致します。

【陶琴Presents 水沁み出しラジオ】#25
毎日そんなに喋られない

11/14、15、今週末の『大器の器』ショールーム情報

11月14日(土)
営業致します。
9:00~17:00までです。

11月15日(日)
営業致します。
9:00~17:00までです。

●GOTOトラベル地域共通クーポン使えます。(紙、電子両方使えます)

●各種クレジットカード
●PAYPAY
●楽天PAY
使えます。

株式会社 壷八 『大器の器』
〒529-1851滋賀県甲賀市信楽町長野1330-2
電話:0748-82-0186
FAX:0748-82-3483

ショールームへの道案内のブログです。

平日もやってます。

信楽はいい∼天気!


思わずビックリマーク付けてしまいました。
純朴いい天気陶芸家の奥田大器です。
工場よりの青い空をどうぞ。

いや∼今朝とってもいい天気でした。信楽は寒いです。この時期は空気が澄んでいます。そこに色づく山々。いい所だわ信楽。

本当に朝寒いんですよ。関西のニュースでは信楽の最低気温連続で言ってますよ。近畿で一番冷える土地信楽。沖縄とかは暖かいらしいですが信楽は順調に冷えてきています。

我が工場より信楽の風景。奥に見える集落は旭町辺りか。信楽駅のある地区です。線路も見えています。信楽高原鉄道が走る姿も見えます。まるでミニチュア。もういい∼天気だからくさい事も言っちゃう。

山も随分色付いて来ました。すごい紅葉と言う訳にはいきませんがいい物です。手前が線路です。タイミングが良ければ汽車通ります。

それからビックリマークではなくエクスクラメーションマークという事位は知っています。しかしビックリしたと思うほどいい天気でした。

澄んでいる空気、過ごし易い気温、そんな中窯処の散策なんか如何でしょうか。

【陶琴Presents 水沁み出しラジオ】#24
“きのこの山”付けます