水琴窟の”水音”を訪ねる旅(9)滋賀県近江八幡市 教林坊

150203_kyourin_01_DSC_0884.JPG
水琴窟を訪ねる水琴窟陶芸家奥田大器です。

水琴窟の水音を訪ねる旅、第9回です。
2ヵ月半ぶりの旅です。
目標は50回です。まだまだ道半ばです。

という訳で教林坊です。
誰ですか、近場や無いかいと言うてんのは。
近場でもいいもんはいいという訳で進めていきます。

【行った日 平成27年1月31日】
白洲正子の隠れ里です。
はっきり言ってこんな所に
そんな大それたお寺があるんかと思いました。

本当に普通の場所です。
古い農家の間、ちょっと山に入ったらあります。

駐車場から上がって行きますと門が見えて来ます。
150202_kyourinbou_01_DSC_0887.JPG
雰囲気が落ち着き過ぎてます。
全く京都の水琴窟がある様なお寺と違います。

この門を潜ると結構、険しい石段を登っていきます。
150203_kyourin_05_DSC_0892.JPG
横見ると自然石がゴロゴロしています。
しかししっかり手入れされている事は分かります。

荒れている訳では全くありません。
150203_kyourin_07_DSC_0896.JPG
とてもいい雰囲気です。
水琴窟に期待が高まります。

この石段を登るともう一つの中門が見えて来ます。
150131_kyourinbou_02_DSC_0900.JPG
ここまで来ると完全に教林坊オリジナルの世界です。
山と一体になった自然のワイルドなお寺です。

ワイルドに”寂び”って言うんですか?
それが渾然一体になっている気がします。

ちょっと話は逸れますが
昔、デザイナーの先生に「簡単に”侘び寂び”
と言う言葉を使うんじゃない!!」と怒られました。
でもここには”寂び”があると思います。
僕もあれから「へうげもの」を読んで
勉強したので使っていいでしょう。

話、戻します。
150203_kyourin_09_DSC_0901.JPG
参考までに載せておきます。
紅葉の季節は物凄い人だそうです。

因みに行った日は僕一人でした。
150203_kyourin_10_DSC_0904.JPG
その門を潜るとお寺です。
ここで拝観料を払って奥の庭園を見学します。
水琴窟もそこにあります。

因みに寺内には物凄い仏像があります。
素人が一目見て貴重な物だとわかります。

残念ながらそこは撮影禁止です。
ですので是非、実際に足をお運び下さい。

絢爛豪華とは正反対の静かな仏様のご尊顔を
拝む事が出来ます。
150203_kyourin_19_DSC_0916.JPG
この中におられます。

150203_kyourin_13_DSC_0908.JPG
庭園は起伏にとんだ自然のお庭です。

山、緑、自然というパワーが溢れている感じです。
とても気持ちがいい場所です。
150203_kyourin_14_DSC_0909.JPG
広いわけではありません。
しかし狭さは全く感じません。

むしろ奥に入れば入る程引き込まれていく感覚です。
不思議な魅力があるお寺です。
150203_kyourin_17_DSC_0913.JPG
山からのせせらぎが流れています。

自然の”一部”という事を感じます。
150203_kyourin_24_DSC_0928.JPG
さらに奥に歩みを進めると
ぐるりと回ってお寺の庭に下りて来ます。

ここに水琴窟があります。
この石畳を進んでいきます。
150203_kyourin_25_DSC_0929.JPG
おっと、水琴窟はまだまだです。
御本尊、赤川観音様がご鎮座されています。

急に視界にこの岩が入って来るので
少しびっくりします。

自然の中で
お庭を作ったんだなと感じさせます。
150203_kyourin_26_DSC_0934.JPG
そして、水琴窟とご対面です。
やはり看板はマストです。
必ずあります。

しかし教林坊の水琴窟の驚きはここから始まっています。
この写真を撮った辺りからもう”水音”が聴こえて来ます。

こんな事は初めてです。
辺りがとても静かなのです。

その日は周りに誰もいません。
ですのでキーン、キーンと水琴窟の音が響いてきます。
驚きです!!
150203_kyourin_30_DSC_0940.JPG
オーソドックスな水琴窟です。
左右に一本づつ竹筒があります。

もう竹筒が無くても響いています。
ですので竹筒で聴くのが楽しみです。

では、聴いてみましょう。
150203_kyourin_29_DSC_0939.JPG

ん、
150203_kyourin_33_DSC_0943.JPG

んん、
150203_kyourin_34_DSC_0944.JPG

んんんー!!
150203_kyourin_35_DSC_0945.JPG
とってもいい音ー!!!

もうビックリマーク三つです。かなりいい!!!
というか今まで僕の中でNo.1だった圓光寺抜きました!!

素朴過ぎる!!響きに物語を感じます!!
どういう事かは自分
でも分かりません。
しかしいい。

あまりにも良いんで自分で撮った動画張っておきます。


しかしデジカメの動画モードで撮っているので
本物の良さの100分の1も表現出来てません。
これは実物を聴いてほしい。

私の作る陶製水琴窟の新しい目標が出来ました。
目指すべき”水音”です。
150203_kyourin_32_DSC_0942.JPG
素晴らしいお庭と水琴窟です。
勉強になりました。

教林坊は京都のお寺とは全く違います。
別次元です。

京都はエンターテイメントという感じです。
やはり世界一の観光都市です。

外国の方も沢山来られます。
ある意味とても分かりやすい
庭園であり水琴窟です。
ですので”堪能”するのでしたら京都。

しかし教林坊はエンターテイメントとは真逆です。
本当に時代を遡った感じです。

中世~近世のお寺ってこんなんだったんだろうな~。
と感じさせてくれます。

その雰囲気も相まって
水琴窟の水音も心に直接響いて来るのだと思います。

『大器の器』が目指すべき水琴窟が
また新たに見えて来ました。
教林坊の水琴窟、研究していきたいと思います。

皆様にも是非お勧めです。
祝日、土日しか拝観はしていないそうなので
お気を付け下さい。

実は去年の秋、平日に行って入れませんでした。
遠くからの方は気を付けてご確認下さい。

それでは今回は失礼致します。

【お知らせ】
①『陶琴』シリーズや当HPの商品に質問、疑問がございましたら遠慮なくお電話、eメールでご連絡下さい。
詳しくはこちらをご覧ください。

②実際に陶製水琴窟『陶琴』シリーズの水音を聴いて頂けるギャラリーも御座います。
詳しくはこちらをご覧ください。

【第5回TEIBAN Japan classico展『信楽』の詳細】
詳しくはこちらをご覧下さい。

水琴窟の”水音”を訪ねる旅(8)滋賀県甲賀市 大池寺

20141111①DSC_0523.JPG
水琴窟の水音を訪ねる旅、第八回です。
今回は地元の水琴窟探訪です。

場所は『大池寺』です。甲賀市水口町のお寺です。甲賀三大寺の一つだそうです。
それではスタート!!

【行った日 平成26年9月16日】
行った日が大分前やないかって。そうです2ヵ月前に行きました。まだ暑かったです。
日々の忙しさに負けて更新していませんでした。楽しみにしていた方申し訳ありません。
(そんな人いたらの話ですが・・・)

我が信楽町のある地元の甲賀市にも水琴窟の名所があります。
水琴窟専門陶芸家としてやはり押さえておかないとなりません。

それが『大池寺』です。
わが母校のすぐそばにありました。
20141111②DSC_0520.JPG
立派なお寺です。

20141111③DSC_0513.JPG
こちらが大池寺の由来です。

このお寺水琴窟がなんと2個設置されています。
比叡山延暦寺も2個です。国宝と互角です。
甲賀市民として鼻が高いです。
20141111④DSC_0526.JPG
お寺入ってすぐに発見と思ったら間違いでした。
これは手を洗う場所です。かなり水琴窟っぽいので水を流してじっと
耳を澄ましていました。

「何してはんの?」と檀家さんに教えて貰って違うと分かりました。
20141111⑤DSC_0532.JPG
少し進むとまず一個目の水琴窟を発見!!
「水琴窟 静粛の中に 心の音を」石碑です。水琴窟の為に石碑です。

そして静粛のの中の水琴窟がこれです。
20141111⑥DSC_0535.JPG
オーソドックス!!

質実剛健なすばらしい水琴窟です。勉強になります!!
華美な嫌らしさは全くありません。作った人の実直さを感じます。
20141111⑦IMG_8609.JPG
しっかりと音を聴かせて頂きました。

良い音です。素朴な水琴窟の音色が響いてきます。
20141111⑧IMG_8590.JPG
水琴窟を激写する水琴窟陶芸家です。
勿論お寺の許可は取っています。

そして二つ目がこれです。
20141111⑧DSC_0559.JPG
この二つ目を見るためには拝観料を払って中庭を見学するコースを選ばなければなりません。

主張をしすぎない控えめな所が大好きです。
20141111⑨IMG_8651.JPG
こんな中庭にあります。

20141111(10)IMG_8654.JPG
水口にこんなお庭のあるお寺があるのを全く知りませんでした。
勉強不足で恥ずかしい限りです。

あまりパシャパシャ写真を撮る様な雰囲気ではありませんでしたので写真少な目です。
ご容赦下さい。

この二つの水琴窟の作者を聴くと地元の建築会社の人が好きで作っているとの事でした。
『大器の器』の地元に水琴窟魂を持った”同志”がいる事が分かりました。

非常に有意義な地元水琴窟探訪となりました。

さ~て次回の『水琴窟の水音を訪ねる旅』は
“場所未定”でございます!!
申し訳ない!!まだ取材に行けていません!!
忙しいを理由に言い訳する奴は三流の人間と教えられましたが私は三流の人間です。
忙しくて行けていません!!!
いや、行こうと思ったら行けましたがついつい伸び伸びになっていました。正直に白状します!!

只今場所選定中です。今しばらくのお待ちを。
近場になるか、岡山になるか、県内になるか。乞うご期待を。
それでは本日は失礼致します。

【お知らせ】
①『陶琴』シリーズや当HPの商品に質問、疑問がございましたら遠慮なくお電話、eメールでご連絡下さい。
詳しくはこちらをご覧ください。

②実際に陶製水琴窟『陶琴』シリーズの水音を聴いて頂けるギャラリーも御座います。
詳しくはこちらをご覧ください。

【第5回TEIBAN Japan classico展『信楽』の詳細】
詳しくはこちらをご覧下さい。

水琴窟の”水音”を訪ねる旅(7)愛知県常滑市 やきもの散歩道

20141017常滑①DSC_0422.JPG
水琴窟を訪ね歩いて第7回です。
6回と7回で結構間が空いてしまいました。行った日は同じなんですが。

こつこつ続けていきたいと思っています。
目指すは前回も言いましたが50ケ所の水琴窟探訪です。

それでは、水琴窟探訪記第七回スタート!!

【行った日 平成26年9月6日】
市役所の受付のお姉ちゃんにやきもの散歩道にも水琴窟があると聞いて
そのスタート地点の陶磁器会館に行きました。

行った日は9月6日です。
本日(10月17日)は信楽では毛布を出して夜寝ていますが当日はとても暑かったです。
しかしそんな暑い日にも関わらずお客さんは一杯です。

私も『信楽窯元散策路』という団体に入ってイベント等をやらせてもらっているのですが
ちょっと差があります。(散策路の方すんません。正直にそう感じました)

常滑の方は完全に観光地化されています。
ゆっくり回ったらそら楽しいだろうなと思います。焼物ファンタジーにしっかりなっています。
20141017常滑②DSC_0428.JPG
こんな煙突がファンタジー感を醸し出します。
観光のお客さんキャーキャー言って写真撮っていました。

世は陶芸ブームです。

坂道が多く距離も長いので全身汗だくです。
涼しくなったら是非ゆっくりと味わいながら回りたいと思いました。

しかし当日の目的は水琴窟探訪です。
それのみをターゲットに散歩道を回ります。
20141017常滑③DSC_0430.JPG
途中こんな方もお見かけしました。
明らかに出身うちの方じゃないのかと思います。
(しかし釉薬の感じから常滑で作った物かもしれません。信楽とは釉薬の印象が少し違います)
20141017常滑④DSC_0434.JPG
まず、とこなめ散歩道第一の水琴窟スポットはここです。
「廻船問屋瀧田家」さんです。

常滑は海上物流で栄えた街でもあります。
20141017常滑⑤DSC_0448.JPG
入場料払って中に入ると立派な水琴窟が・・・。
夢中になって写真撮ってると只の井戸でした。

水琴窟にしては珍しいと思っていましたら見たままでした。

改めまして
20141017常滑⑥DSC_0454.JPG
此方が瀧田家さんの水琴窟です。

石が重厚です。
陶カエルが可愛らしいです。
20141017常滑⑦DSC_0452.JPG
底の穴から音を聴くタイプです。

これだけ水琴窟を回っていると大まかなタイプに分かれているという事が解って来ました。
この瀧田家さんはこんな重厚な作りになっていますが個人で音を楽しむタイプです。

「パーソナルタイプ」です。
周りにも水音が聴こえる事は聴こえるのですが筒でしっかり聴くのがお勧めです。
20111017常滑⑧DSC_0461.JPG
とても涼しげです。

さて、やきもの散歩道二つ目の水琴窟は
20141017常滑⑨DSC_0470.JPG
「登窯広場」にあります。
広場にはもちろんモニュメントがあります。

このモニュメントを見て10年前信楽窯業技術試験場の研修生だった頃
研修旅行で来た事を思い出しました。

やっぱりド派手な物は作っておくべきです。
当日回っている間全く思い出しませんでした。

脳が心配です。
20141017常滑10DSC_0471.JPG
これです。
「登窯広場」の水琴窟です。可愛らしいです。

全く目立たせ様とする気配を感じさせません。
20141017常滑11DSC_0473.JPG
このボタンを押したら水が出てくる仕組みです。

20141017常滑12DSC_0475.JPG
こんな感じでチョロチョロっと出て来ます。
なんとも控えめな水琴窟です。
20141017常滑12DSC_0476.JPG
この水を掛けると水琴窟の音がして来ます。
澄んだ綺麗な音でした。

20141017常滑12DSC_0479.JPG
やっぱり子供達には水琴窟は人気です。
聴いているギャラリーの半分は子供さんです。

この日は一日に3つの水琴窟を回りました。
そのうち二つは陶器とは関係のないガチの水琴窟でした。

常滑焼関係ないやん・・・。

まだまだ水琴窟を訪ねて行きたいと思います。
それでは次回予告です。
20141017常滑13DSC_0523.JPG
地元甲賀市水口の『大池寺』を訪れました。
同じ市内の水琴窟を聴きに行って来ました。

わが母校(高校)のすぐ近くです。
まず大仏に驚かせられます。そして水琴窟にも驚きの製作に関するお話がありました。

それでは皆様次回をお楽しみに。

【お知らせ】
①『陶琴』シリーズや当HPの商品に質問、疑問がございましたら遠慮なくお電話、eメールでご連絡下さい。
詳しくはこちらをご覧ください。

②実際に陶製水琴窟『陶琴』シリーズの水音を聴いて頂けるギャラリーも御座います。
詳しくはこちらをご覧ください。

【第5回TEIBAN Japan classico展『信楽』の詳細】
詳しくはこちらをご覧下さい。

水琴窟の”水音”を訪ねる旅(6)愛知県常滑市 陶の森資料館

20140925陶の森①DSC_0394.JPG
水琴窟を訪ね歩いて第6回を迎えました。
まだまだ日本には水琴窟が沢山点在しています。
この水琴窟訪ねブログも50回位を目標に頑張りたいと思います。

さて、今回は常滑です。
常に滑ると書いて常滑。言わずと知れた陶産地です。

陶産地には必ず水琴窟有り。
何も下調べせずに常滑市役所に行って
水琴窟ありますかと聞くと
「三件ある」と景気のいい答えが返って来ました。

さすが陶土管の産地。

絶対に土管を活かした
水琴窟やぞと思っていたら一つはその通りでした。

「ビンゴ!」と思い
まずはその陶土管の水琴窟が置かれている所に行きました。

場所は”とこなめ陶の森資料館”です。
今回はどんな”水音”に出会えるのか。
それではスタートです。

【行った日 平成26年9月6日】
20140925陶の森②DSC_0384.JPG
まず駐車場を上がるとレンガの代わりに土管的な物が使われています。
いいです。陶器好きの気分を上げてくれます。

この地元の人間が見たら何とも思はないけど
他所の人間が見たら必要以上に感激するやつです。

こういうの陶産地の人間は押しがちです。
20140925陶の森③DSC_0386.JPG
その横にこんな物発見!!
いやいやすごいじゃないですか。
当時こぞって日本中の街が何かやらねばと思って色んな事したんでしょうね。

因みに信楽は芸術家岡本太郎氏が名誉町民です。
何故かと言うと太陽の塔の顔を
信楽に滞在して信楽焼(タイル)で作ったからだそうです。

すごい話と思うのですがあんまり世間に伝わってません。
20140925陶の森④DSC_0387.JPG
これがそのベンチです。
なんか結構ぞんざいに扱われている気がします・・・。

いやいや、きっとベンチとして
実際に使われている中でオブジェ芸術として完成するという
考え方に違いありません。そうです。陶器は使われてなんぼです。

僕が作っている水琴窟も正にそういう思想で作っています。
いや~共感しました。
20140925陶の森⑤DSC_0391.JPG
その万博ベンチを横目に進んでいきますと
資料館の案内がシンプル。

ただひたすらにシンプル。
これ以上の情報の何が必要でしょうか。
もし休館日に誤って来たらお前が悪い!!
そんな勢いを感じさせてくれます。

因みにここまでまったく水琴窟の事が分かる様なものありません。
さすが常滑、大陶産地です。水琴窟位で客を呼ぼうと思っていないわけです。

これは男前です。大概の水琴窟を設置している所は
やはり水琴窟を宣伝の前面に出します。

パンフレットや看板にガンガン水琴窟を載せます。

もう、有るのかどうか自体不安になって来ましたが
市役所の受付のお姉ちゃん信じて資料館に向かいます。

すると。
20140925陶の森⑥DSC_0395.JPG
いきなり入口横に有りました。

資料館の中や無いんかい。
と軽く思いましたが感動のご対面です。
20140925陶の森⑦DSC_0396.JPG
水琴窟の説明には必ずある断面図です。
説明文にあるハイテクを応用した
さまざまな水琴窟というのを是非一度見てみたいですが
何処にあるんでしょう?

仕組みは本当に単純です。
だからこそ陶器での応用のしがいがあります。
20140925陶の森⑧DSC_0397.JPG
なかなかいい形ではありませんか。

第一次世界大戦時の戦車(タンク)みたいです。
これ自宅の庭とかにあったらかっこいいと思います。
おっさんとか絶対モテるとおもうわ。

竹筒から音を聴くタイプです。
では”水音”を聴いてみましょう。
20140925陶の森⑨DSC_0421.JPG
ん、全然音しないぞ。

20140925陶の森10DSC_0398.JPG
水を掛けても掛けても音がしない!!
故障か?
20140925陶の森11DSC_0400.JPG
いや、水琴窟って故障するんか?
柄杓で何杯も水を掛けても音せえへんやん。

常滑まで来てスカを掴んだのかと思ったその時・・・
(ここからは突然の事でしたので写真がありません。文章で出来るだけ解説します)

「聴こえませんかあ~。」と資料館の中から受付のおばちゃんが出て来ました。
どうやら熱心に水琴窟の写真を撮っているデブのおっさんが珍しかったみたいで
音を聴こうと苦心している姿にも可愛そうになって声をかけてくれたみたいでした。

「そうなですよ、詰まっているんですか?」と言うと「まだ水が足りないんです。」との事。
そう言うと受付のおばちゃんは建物裏からバケツ一杯の水を持ってきました。
そしてそれをアイスバケツチャレンジの如くバチャバチャと水琴窟に掛けはじめます。

「そんなに水掛けるんかい。」と心の中で叫び終わる頃には
キンキンキンキン・・・と美しいまるで鈴の音の様な”水音”が竹筒から響いてきました。

説明の看板で水琴窟本来の音色は出ないなんてハードルを自ら下げていましたが
なんのなんの、いい”水音”を響かせます。

受付のおばちゃんにありがとうとお礼を言うと資料館もタダだから見てってね、と
中に入っていきました。
20140925陶の森11IMG_1169.jpg
はい、記念写真です。
当日は暑かったのでTシャツは汗だくです。
このおっさんが水琴窟の前でうんうん唸っているのですから手を差し伸べたくなるのも当然です。
きっとおばちゃんの息子を思い出したのでしょう。

それでは魅惑の水琴窟グラビアです。
20140925陶の森12DSC_0420.JPG
角度をつけてえ~。

20140925陶の森13DSC_0401.JPG
なんせ置いてる場所が殺風景ですからこんな写真しか撮れません。
いやいやこれは水琴窟位では資料館の中に入れない常滑のポテンシャルの奥深さを感じさせます。
俺から言わせたら水琴窟は資料館のメインだろうが!!と叫びたいですが常滑では通用しません。

まだまだ水琴窟の普及に努めなければいけません。
そんな事を強く感じた”とこなめ陶の森資料館”の水琴窟でした。

少しここで話題を変えます。
このブログで毎回何故、一所懸命各地の水琴窟を紹介しているのか?
そもそもお前誰やねんと思っておられる方もいると思います。

私は奥田大器と申します。
詳しくは本体HPの人物紹介のページへのリンクを貼っておきますのでお暇なら見て下さい。

滋賀県は信楽で水琴窟を焼物(信楽焼)で作っています。
しかしなかなか水琴窟と言ってもピンとこられる方があまり多くありません。
ですので水琴窟とはなんぞやという事を紹介するつもりでこのブログ
『水琴窟情報局 水琴窟の”水音”を訪ねる旅』を書いています。
水琴窟というすばらしい装置を少しでも知ってもらいたいと考えています。

是非、僕が作っている陶製水琴窟も興味がある方は見てやって下さい。
宜しくお願い致します。

以上、宣伝でした。
それでは次回の『水琴窟の”水音”を訪ねる旅』は
20140925さんぽみちDSC_0433.JPG
“常滑やきもの散歩道”です。常滑シリーズ第二弾!!
もちろん残り二つがあるやきもの散歩道です。

いわずと知れた窯元散策の元祖ともいうべきロードです。
ここに一挙に二つ水琴窟が設置されているとの事。やはり産地のポテンシャルが高いです。

水琴窟以外に色々と信楽と比べて思う事がありました。
次回も宜しくお願い致します。

後、こちらも今年もやります!!
宜しくお願い致します。

【2014秋のガレージ窯出市】
(場所)     
滋賀県甲賀市信楽町長野1330-2
壷八ガレージ(国道307号沿い、信楽図書館の前の広場)
(日程)
10月11日~13日の3日間
詳しくはこちらから。

【お知らせ】
①『陶琴』シリーズや当HPの商品に質問、疑問がございましたら遠慮なくお電話、eメールでご連絡下さい。
詳しくはこちらをご覧ください。

②実際に陶製水琴窟『陶琴』シリーズの水音を聴いて頂けるギャラリーも御座います。
詳しくはこちらをご覧ください。

水琴窟の”水音”を訪ねる旅(5)大阪府太子町 科長神社

20140917科長神社①DSC_0310.JPG
5回目を迎えました『水琴窟の”水音”を訪ねる旅』、
今回は大阪府太子町にある『科長神社』です。

ここには太子町の町営の水琴窟があるそうです。
噂を聞きつけ脚を運びました。

果たしてどんなもの何でしょう。
町営というだけで楽しみです。それではスタート。

【行った日 平成26年8月30日】
20140917科長神社②DSC_0346.JPG
鳥居を潜ると立派な本殿が鎮座しています。

20140917科長神社社DSC_0347.JPG
この様に立派な社も建っています。
それもそのはずこの神社は
20140917科長神社小野妹子墓標DSC_0312.JPG
道祖様が小野妹子氏です。
小野妹子に氏を付けるのはおかしいかも知れませんが呼び捨てにするのも
なにか気が引けるので氏をつけます。

言わずと知れた遣隋使です。
20140917科長いもこ自画ononoimokozo.jpg
すいません。ちょっとボケていますがこんな感じの方です。
調べると聖徳太子の親書で「日没する所の天子・・・」云々を隋の皇帝に渡して激怒された
方らしいです。
滋賀県の出身らしく同郷でした。

こんな誰でも知ってる日本歴史業界のビッグネームが眠っているのにすんごくひっそりとしています。
20140917科長いもこ墓DSC_0334.JPG
神社奥の石段を登ると小さな墳墓があります。
遥か遠い飛鳥時代に思いを馳せ手を合わさせて頂きました。

しかし周りには水琴窟らしいものは全くありません。
ぐるっとこの墳墓を一周しても水琴窟らしい建物はありません。
裏に回ったら
20140917科長裏DSC_0317.JPG
見事な絶景です。
千早赤坂の方でしょうか?
金剛山系が一望出来ます。

しかし水琴窟は見当たりません。
20140917科長神社の犬DSC_0318up.JPG
裏の田畑に放し飼いにされている犬にも吠えられました。
「こりゃガセだったかな」と思ってあきらめて帰ろうと思った時に
20140917科長バイクDSC_0319up.JPG
農道をバイクが走って来ます。
近くにこのバイクのおじさんが来た時に水琴窟の事を尋ねました。
すると石段途中のトイレの横に有るとの事。

めちゃくちゃ暑い日でしたがもう一度石段を登る事に
20140917科長石段DSC_0311.JPG
それでもってその途中の

20140917科長トイレ②DSC_0321.JPG
おトイレに通じる道を行きますと。

20140917科長水琴窟①DSC_0325.JPG
ありました!!
感動のご対面です。
20140917科長水琴窟自画どりIMG_1130.jpg
感動したので勿論facebook用の自分との記念写真も撮りました。
苦労したので笑顔がこぼれます。

そして”町営”の証です。
20140917科長水琴窟看板DSC_0327.JPG
う~ん、立派な看板です。

この文章からも分かる様に水飲み場に水琴窟が設置されている形状です。
水飲み場と一緒になっているのは意外に珍しい形です。
有りそうであまり見ません。
20140917科長水琴窟③DSC_0329.JPG
では試してみましょう。

20140917科長水琴窟④DSC_0331.JPG
おっ、良い音がしています。
町営侮るべからずです。

ちょっと水の落ちが遅い気もしますが頻繁に手入れが出来そうな場所でもありません。
充分に水琴窟の”水音”が響いてきます。

周りは山と言うか藪の中です。
そしてとても静かです。蝉の音しか聞こえて来ません。
より水琴窟の水音が響いてきます。
20140917科長水琴窟⑤DSC_0332.JPG
なかなか形もかわいらしいです。
お寺の庭園にある様な水琴窟と違って非常に合理的な感じがします。

何故、太子町がこの場所にしかも水琴窟を設置しようとしたのか凄く気になります。
もし事情をしっている方がいましたら是非教えて下さい。

水琴窟というのを調べれば調べる程奥の深いディープな世界です。
信楽焼で作り始めた時はこんなの作っている人そんなにいないだろうと思っていたのですが、
なんのなんの、色んな所に設置されています。

作っている人間として嬉しくなってきます。
まだまだ追い求めて、そして自分の作る水琴窟”陶琴”に還元していきたいと思います。

それでは次回予告です。
次回の『水琴窟の”水音”を訪ねる旅(6)』は
20140917常滑陶の森DSC_0394.JPG
とこなめ陶の森資料館です。
そうです、常滑です。常滑と言えば『陶管』、調べればこの陶管の技術を活かしてやはり
水琴窟を作っていました。この陶の森資料館のエントランスにその陶管水琴窟が設置されています。

それでは水琴窟ファンの皆様お楽しみに。

【お知らせ】
①『陶琴』シリーズや当HPの商品に質問、疑問がございましたら遠慮なくお電話、eメールでご連絡下さい。
詳しくはこちらをご覧ください。

②実際に陶製水琴窟『陶琴』シリーズの水音を聴いて頂けるギャラリーも御座います。
詳しくはこちらをご覧ください。