今年はついに凍らなかった


どうも、純朴不凍陶芸家の奥田大器です。水琴窟と水は切っても切れない仲です。

機械ロクロの噴霧する水なんですが、今年はついに一回も凍りませんでした。写真の水です。こんな事15年働いてますが初めてです。絶対冬の間、2月の中頃までに数回は凍てるんです。

この管に通っている水とかも凍てるんです。朝工場に入ったら凍てていて暫くしないと機械ロクロを動かしても水が出ません。それが冬の工場の風物詩でした。

しかし…それが今年はついになかった。早ければ年内に凍てたりするんですが。

確かに凍てなければ機械ロクロ動かせる時間が増えるのでその点では良いんですが。…怖いですよね。なんせ毎年絶対起こる事が起こりませんでした。”ヤバい冬”ですよ。

信楽は近畿地方で一番冷える高地です。だから寒い事は寒いですが例年の寒さは全くありませんでした。「寒いな~。」としみじみ思ったの2日位でした。それ以外は全然寒くなかった。カメムシ出て来てますもん。もう。2月にはカメムシは出て来てなかったと思う。絶対に”ヤバい”ですよ。

『日本沈没』で渡老人が田所博士にこんな事言うんです。「毎年軒先に来ているツバメが今年はついに来なかった。」云々。もうこれですよ。この心境ですよ。日本沈没だとこの後タイトルそのまま日本が沈没するんですよね。

とにかく今年は暖かい冬でした。

【大器の器Ch】第443話
ついに一回も凍らなかった

今週末はワンフェスに行って来ます


皆様行って参ります。幕張へ。
どうも、純朴水琴窟陶芸家の戦車皿陶芸家の奥田大器です。一緒に行くのは陶択先生です。

ポスターも出来て来ました。出来て来たと言うよりは毎度のO野さんです。いつもマジで有難う御座います。もうなんとお礼を言っていいのか解りません。O野さんのT-34ポスターに誓って4年連続坊主を止める…。

卓番は【6-13-15】。
谷陶択×奥田大器×フレイル先生です。今年はDT窯はフレイル先生のミリタリー陶芸作品も持って行きます。もう全員で行ったらいいじゃないですか。そしてポスターはO野さん。何が何なのかよく解らなくなって来ました。

T-34陶皿を宜しくお願い致します。これは僕の作品です。

陶択先生は今年も何か新しい物を車に積み込んでいました。弟(世津田すん)と何か作っていたみたい。一体何がでてくるのでしょうか。匂わせますよ~。

袋の帯止めも陶択先生が作ってくれました。細かい仕事させてもなかなかやるやないかい。彼、陶択先生の心配事は明日の夜の消防団訓練後の打ち上げで俺が飲み過ぎて土曜日の朝へべれけになってるかも知れない事だそうです。そんなあなた(谷さん)も消防団。一滴も飲まないで訓練後は帰宅したいと思います。

それでは明後日土曜日は行って来ます。予約取っているホテルのキャンセルが効くのは本日午後11時59分59秒まで。それ以降は全額払わないといけません。何卒何もありませんように。

【ワンダーフェステイバル2020冬】
●DT窯
●No.6-13-15

【大器の器Ch】

“T-34″陶皿が窯から出て来ました


ワンフェスに行くぞ~!
どうも諦めない夢を陶芸家の純朴陶芸家の奥田大器です。いい加減水琴窟について書けよ。そんな声が飛んで来そうですが戦車陶皿行きましょう。

T-34です。旧ソ連軍で第二次大戦でドイツを相手に暴れ回った名戦車です。ソ連軍はドイツの軍事技術には叶わないので単純に装甲を厚くして、そして人海戦術で数を作りまくり量で圧倒したのです。戦争って何なんだろう?先端技術って何なんだろうと考えさせられる戦車です。

まさに”戦車界の量産型ザク”、いや量産型ザクが”MS界のT-34″なのです。

ワンダーフェステイバル2020冬に持って行きます。来月の9日(日)、というかもう来週です。2/9の日曜日に幕張です。谷陶択先生と一緒に行って来ます。

DT窯です。DT窯案件です。弟はよくtwitterに出て来るのですがこの兄は信楽窯業界の幻キャラです。彼と幕張までロングドライブです。今回で4回目。

あたい夢を諦めない!

値段は4,000~5,000円の間位で。
ディーラー名は【DT窯】。
卓番号は【6-13-15】。

今回は彼の作品も持って行きます。
フレイルさん頼んます。

【大器の器Ch】第440話
T-34陶皿を持って行きます

伊賀の青山高原へ風力発電を見にいった


信楽町(甲賀市)のお隣、三重県伊賀市の青山高原に行って来ました。そうです、あたスが巨大人口建造物が大好物な純朴風力発電機陶芸家の奥田大器です。デカ過ぎるよ・・・。

昨日行って来ました。以前から気になっていた青山高原の風力発電基群。もう異様だよ。異様過ぎるよ。

写真をペイントで反転されたらこの世の終わり感、終末観がすごい。

これが元写真です。

やっぱり風力発電基がデカ過ぎるんですよ。人工感がえげつない事になってる。あれは殆んど”ロボット怪獣”です。キングジョーとか。

もうほぼコイツ。

ビルとかダムとかタワーって巨大だけど動かないじゃないですか。しかし青山の風力発電基は違う。グルんグルん動くんです。動き続けるんです。ギミックっぽく怪しい音を立てながら。

低周音を響かせながら動き続けるんです。

巨大で動く。それはもう怪獣です。三重県伊賀市青山高原には怪獣がいます。実物を目にしたらあんな感じやと思うわ。

三重県や伊賀市はもっと押すべきですよ。
これ感動する人いっぱいいるよ。確かに有名なんですけど。もっと日本中に轟かせるべきや。すごい迫力。

青山高原は伊勢湾まで見渡せます。まさか伊賀から海が見られるとは思わなかった。渥美半島や知多半島も見えます。すごいね伊賀。伊賀は奥が深い。というか合併してめちゃくちゃ広くなってる…。

この青山高原がある旧青山町はロボット怪獣キングジョーならぬ俺達の猫型ロボット「ドラえもん」の声優であらせられる水田わさびさんの出身地です。

ドラえもんは伊賀の生まれなんですよ。そこももっと押せよ伊賀市!

それでは終末観溢れる伊勢湾を眺めながら本日はさようなら。

【大器の器Ch】第437話
三重県伊賀市青山高原風力発電基群の話

消防団にも新年会がある


どうも、純朴消防団員陶芸家の奥田大器です。水琴窟作ってます。しかし新年でもあります。新年になれば消防団には出初式があります。

2005年に地元、信楽の消防団に入ってはや15年。長い。一言に15年と言っても長い。生まれた子供が15歳、中三ですよ。その間俺何も変わってない。歳だけ取って老けました。

毎年出初式があります。消防関係者なら出初式はよく解ると思います。もう15年参加しているんです。う~ん長い。そしてその後には新年恒例の新年会があります。消防団には新年会があります。新年なんだから。そりゃありますよ。なんか最近色々と言われますが新年なんだから新年会やります。