今年のファンフェスでは”リモート陶芸”をする


皆さん憶えていますか。
信楽の熱き男達の祭典ファンタスティックフェスティバルを。

昨年はコロナ騒動、消防団部長、結婚他諸々がいっぺんにやって来て開催を断念してしまいました。私の不徳の致す所です。

今年の秋はやります。皆と相談してやります。宜しくお願いします。
ブツブツ言っててもしようがありません。街の人出が減ってないとFBで怒っている方が沢山いますがそんな事言うてもしようが無くない?いったいどの立場から怒っているの?普通のおっちゃんが多いんですよね。FB(SNS)は危険ですよ。モンスターを生み出します。

今秋のファンフェスでは”リモート陶芸”をしたいと思っています。世はリモート全盛です。政府も7割リモートで仕事せいと言っています。リモートの波がやって来ています。このビッグウェーブ乗るしかない。

陶器を作りたい人がいる。その人が遠隔で陶器を作れる仕組み。ネットサービスを駆使すれば何か出来る気がする。色々細かい所考えてたんです。

①うちのwebショップでチケットを買う。
②LINEアカウントを登録してもらう。
③アカウント内のテレビ通話で職人に繋げる。
④職人に指示して自分の思う様な食器を作る。
⑤それを焼いて発送。

アプリを作って支払いから製作指示、発送までパッケージで出来たら良いのですがそんなノウハウ俺には無い。アプリなんてどうやって作っていいのか解らない。

ですのでファンフェスでそういった事が出来るのかどうか。お客さんの反応や問題点を実験したいと思います。ファンフェスのテーマは挑戦ですから。取り敢えずやって考えればいいんです。今出来るネット環境で”取り敢えず”やってみます。秋にしてなかったら駄目な事があったんだと思って下さい。

オタク陶器では他の参加者に叶わないので俺は独自の道を行きたいと思います。もう陶器を作って売るという流通スタイル自体が変わる時に来てると思うんですね。昨今のネット技術の発達はそれ位の変換点を持って来てると思うんです。そのうち”作る”という事自体も消費者の手に委ねる様になると思うんです。ですのでちょっとだけですがそれに合う陶器の届け方を実験したいと考えています。

後、事務所のポスターにシール貼った奴正直に名乗り出ろ。しっかり話をしようやないか。

【大器の器Ch】

信楽はいい∼天気!


思わずビックリマーク付けてしまいました。
純朴いい天気陶芸家の奥田大器です。
工場よりの青い空をどうぞ。

いや∼今朝とってもいい天気でした。信楽は寒いです。この時期は空気が澄んでいます。そこに色づく山々。いい所だわ信楽。

本当に朝寒いんですよ。関西のニュースでは信楽の最低気温連続で言ってますよ。近畿で一番冷える土地信楽。沖縄とかは暖かいらしいですが信楽は順調に冷えてきています。

我が工場より信楽の風景。奥に見える集落は旭町辺りか。信楽駅のある地区です。線路も見えています。信楽高原鉄道が走る姿も見えます。まるでミニチュア。もういい∼天気だからくさい事も言っちゃう。

山も随分色付いて来ました。すごい紅葉と言う訳にはいきませんがいい物です。手前が線路です。タイミングが良ければ汽車通ります。

それからビックリマークではなくエクスクラメーションマークという事位は知っています。しかしビックリしたと思うほどいい天気でした。

澄んでいる空気、過ごし易い気温、そんな中窯処の散策なんか如何でしょうか。

【陶琴Presents 水沁み出しラジオ】#24
“きのこの山”付けます

「よ∼いドン!」に再び出た!


僕は越冬つばめが大好きです。
純朴森昌子陶芸家の奥田大器です。

「よ∼いドン!」をご覧になってご注文を下さった皆様、本当に有難うございます。俄然気合が入ります。只今製作を気張っています。

発送出来るご注文の分より順次発送させて頂きます。皆様宜しくお願い致します。

とても有難い話です。取り上げて頂き本当に有難いです。なかなか自社ECは皆様にお伝えするのが難しいんです。それはこの5年で痛感しています。そんな中お前の商品は面白いとメディアに取り扱って頂ける。これがどれだけ有難い事か。人の目に留まるというのは難しいんです。多分普通にしていたら無理です。

世の中は信楽焼の一窯元の事なんか見てくれません。(勿論注目を集められる窯元や作家さんもいますよ。本当に一握りですが)僕は只のラッキーですが自分からの発信をコツコツ続けていたらちょっとは見て貰えた。何度も言っていますがもう一度言います。有難いです。

自社ブログの続け方という事ではこれから先結構心配しています。なかなか”伝える”事の見通しが難しいのもこれ事実です。

自社ブログを始めてもうすぐ10年です。自社ECサイトは6年です。これからどうしていったらいいんだろうと不安は正直あります。答えが無いんですね。

小さい頃から大学の時、社会人になってから、常に「お前は先の事を何にも考えていない。」「ボンボン体質の甘ちゃん。」と言われて来ました。しかしですね…先の事って考えられる?計算して上手い事仕事が運ぶ事ってある?考えてもなかなか思い通りには進まないよ。それが出来たら苦労はしない。そんな簡単に陶器商品のアイデアは出て来ない。そんな簡単に他人様に伝える事なんて出来ません。

結局はいつも目の前のやる事をひたすらやる。これしか答えが無いんですね。常に未来は誰にも解らないし常に未来は僕らの手の中なんです。幾つ年を取っても。

明日も頑張ります。どっかの芸能人が「頑張らないと出来ないなら要らない。」と言ってましたが頑張るのが正解です。好きだったら頑張らなくてもいいだろうという意味なんでしょうが「頑張ります。」位言わせてくれよ。そんな世の中になってほしい。

【陶琴Presents 水沁み出しラジオ】#17
よ∼いドン!に再び出た!

頑張って宣伝です。
大器の器の信楽焼水琴窟『陶琴』シリーズはこちら。
http://bit.ly/2mcQMFx

『きのこの山』専用皿に関する商品はこちら。
http://bit.ly/2ULBoAg

『よ∼いドン!』を御覧になってHPに来て下さった皆様へ

本日9月8日(火)放送の関西テレビ『よ∼いドン!』を御覧になって来て頂いた皆様有難う御座います。

円広志さんはとても良い方でまさか二度も来て頂けるとは思っていませんでした。関西金曜夜の名曲「ハートスランプ二人ぼっち」をスマホに入れたいと思います。

大器の器の信楽焼水琴窟『陶琴』シリーズはこちら。
http://bit.ly/2mcQMFx

『きのこの山』専用皿に関する商品はこちら。
http://bit.ly/2ULBoAg

大変申し訳ありません。キットカット専用皿は今は御座いません。

二枚目のとなりの人間国宝ステッカーに恥じない様に頑張ります。

信楽徐々に動き出してるよ∼


季節は確実に動いている…。
どうも、純朴水琴窟陶芸家の奥田大器です。昼間は暑いが朝夕は確実に秋の空気を感じられます。

お盆からの灼熱の2週間を過ぎ確実に空気の変化を感じています。そうです秋がやって来ます。行楽の王道シーズンそれは秋です。徐々にですが信楽焼業界も動き出しています。

全て自粛に中止。春は全てのイベントが無くなりました。こんな事あるんやなとあんぐりと口を開けていたのが春です。陶器は作れど祭りは無し。実に奇妙な”2020″です。

しかし夏を超え秋口に。暑さはまだまだ残りますが確実に人間のマインドも変わって来ています。秋に向けそれぞれ対策を施しながら徐々にですが普段の信楽に向け動きだしています。

どうぞ皆様、感染症対策を万全にGOTO信楽して下さい。

うちは今週末は休みですけど…。

【陶琴Presents 水沁み出しラジオ】#15
信楽徐々に動き出してるよ∼