思い出の大阪芸大


は~い只今、土をころし過ぎて穴が開きかけているサイレンを頂きました。こんなんなんぼあっても足りませんからね。ありがとうございます~。

あんな、うちのオカンが焼物の産地で働いてるおっさんが何処のおっさんか解らんて言うよるねん。

焼物産地のおっさんと言うたら信楽のおっさんに違いないやないか。そりゃ信楽のおっさんや。間違いない!

でもな、そのおっさんは昼にオープンカフェでパンケーキのランチプレートを食べてるらしいねん。

ほな信楽のおっさんと違うか~。信楽のおっさんの昼めしはお母ちゃんが作った昨日の晩飯の残りやからね。魚は鰯しか出てこうへんねんから。大根の煮物が一晩経って異様な匂いを放つようになったもんを飯に乗っけてかき込むからね。1時になったら仕事に行かなあかんから8分位で腹に入れてバイキングかひるおびを見て昼寝するからね。それは信楽のおっさんと違う。間違いない!

でもな、3時になったら何があっても休憩するらしいねん。

ほな信楽のおっさんか~。信楽のおっさんはどんなに作らなあかんもんがあっても3時から3時半までは絶対休憩するからね。それはもう太陽が東から登って西に沈むのと同じ位の法則性やからね。俺は信楽のおっさんは実はロボットで3時から3時半までは何があっても休憩する様にプログラミングされていると睨んでいるからね。あれはもうAIよ。でもね3時から3時半に仕事さす陶器屋の大将がいたら俺は動くよ!

でもな、何処に行くにも帝産バスでしか移動せいへんらしいねん。

ほな信楽のおっさんと違うやないかい!信楽のおっさんは何処に移動するにも軽トラか軽四しか使わへんねん!大体帝産バス使ってどうやって配達するねん!俺の知ってる信楽のおっさんは30年位同じ軽トラ運転してるんやから。シートの体重掛かる所が破れて中の綿出てるんやから!リクライニング壊れてず~っと背中押してくるんやから。それを針金で止めてるんやから!帝産バス使うのは信楽町を捨てて大津方面に行く賢い高校生だけ。それは信楽のおっさん違う。間違いない!

でもな、おかんが言うには信楽のおっさんらしいねん。

ほな信楽のおっさんやないかい!君、僕が信楽のおっさん違うて言うてた時どういう気持ちで聞いてたん!?いい加減にしなさい!もうええわ。

【陶琴Presents 水沁み出しラジオ】#18
思い出の大阪芸大

『よ∼いドン!』を御覧になってHPに来て下さった皆様へ

本日9月8日(火)放送の関西テレビ『よ∼いドン!』を御覧になって来て頂いた皆様有難う御座います。

円広志さんはとても良い方でまさか二度も来て頂けるとは思っていませんでした。関西金曜夜の名曲「ハートスランプ二人ぼっち」をスマホに入れたいと思います。

大器の器の信楽焼水琴窟『陶琴』シリーズはこちら。
http://bit.ly/2mcQMFx

『きのこの山』専用皿に関する商品はこちら。
http://bit.ly/2ULBoAg

大変申し訳ありません。キットカット専用皿は今は御座いません。

二枚目のとなりの人間国宝ステッカーに恥じない様に頑張ります。

水琴窟陶琴を夏に沢山作る(特撮Ch⑲後半)


夏は続くよいつまでも。
どうも、暑さが熱さに感じる今日この頃な水琴窟陶芸家の奥田大器です。みんな汗掻いてる。

この”掻いてる”という漢字。イビキ、べそ、寝首…これらを”かく”時の漢字らしいです。ロクなものをかく時に使わない漢字です。しかし汗がないと体温調整出来ません。ラジエイターと同じです。人間の体表は水冷式です。汗という水分の気化熱で表面を冷やすのです。

そんな水繋がりなのが汗まみれで作っている水琴窟陶琴です。この真夏に沢山作っています。

この衣装箱(缶)にいっぱい透水器を入れています。すぐ乾燥するんだわ。乾燥が大敵。苦労(本当に苦労)して型から出した透水器が乾燥したらすべてパア。

いや、マジでパア。何をしても形を整えるのが不可能になります。粘土って乾燥すると何しても成型出来ないからね。まあ、乾燥する事=成型なんやけど。

本日の仕事場の温度。
32℃。完全にマシ。もう秋。灼熱の2週間が終わりました。終わったと信じたい。でも普通にあちい。

一昨日グーグルからメールがありまして。
何かこのブログが前日比1000%増で見られてますと。→https://bit.ly/3hmegzt

よっぽど暑かったんやね。

それでは『怪獣総進撃』の後半いきます。一体誰に望まれているんでしょうか。世の中にはリサーチっちゅうのがありましてね。マーケティングっちゅうのがありましてね。基本は需要が有る事に対してサービスを施すんですよ。供給ってやつですわ。これ経済の基本ね。そして日本は資本主義ね。この鉄則に乗らないと負けなんですよ。

あたい負けない。視聴回数にも、夏の暑さにも。

【陶琴Presents 水沁み出しラジオ】#14
特撮ch⑲怪獣総進撃を喋る

前回の特撮ch⑲前半『怪獣総進撃を喋る①』はこちら。
https://bit.ly/3kM2Jf3

怪獣総進撃(68年)を喋る(特撮ch⑲)


半年ぶりの特撮チャンネル∼!
一体いつになったら平成vsシリーズに辿り着くんでしょう。
そんな平成も遠くになりにけり。
昭和中期のど怪獣映画を本日は喋ります。

『怪獣総進撃』です。
あの『2001年宇宙の旅』と同年(68年)に公開されたゴジラシリーズ第8作です。キングギドラを地球怪獣オールスターズで壮絶にリ…いや戦うアベンジャーズ映画です。

僕この作品大好きなんです。本編のSY3号のクルー達がまとまって行動するチーム感が大好きです。地球連合的なあの科学者ノリが大好きなんです。伊藤久哉の訳の分からない防衛チームのヘルメット姿が大好きなんです。沢村いき雄の牛引っ張ってるおじさんがコントロール装置を拾って息子が月に勤めてるというあの田舎(木曽山中)のシーンがスーパー好きなんです。

それではお耳汚しにお聞き下さい。
『怪獣総進撃を喋る』どうぞ。

【陶琴Presents 水沁み出しラジオ】#13
特撮ch⑲怪獣総進撃を喋る

次回の特撮ch⑲後半『怪獣総進撃を喋る②』はこちら。
https://bit.ly/3j3p85P

前回の特撮ch⑱『ゴジラの息子』はこちら。
http://bit.ly/39TpZl3

29年前の信楽から


皆さんお疲れ様です。類まれなるビジネスセンスを持つ(桂三度談)純朴水琴窟陶芸家の奥田大器です。決してガチガチでは無かったと言い切ります。

昨夜、冨増純一さんの限定講演配信を見ていました。信楽焼の歴史を話す。とてもじゃありませんが一度では話し切れないと思いますが大変勉強になる講演でした。ネットの恩恵は凄い。家にいながら試験場からの講演をテレビ画面で受けられる。2時間に渡る大講演でしたが全部聴きました。試験場研修生OBへの限定公開だったかも知れないのでOBで良かった∼。

そこでも話が出ましたが現在の信楽焼産地の諸々の状況はあの29年前、世界陶芸祭にあると。信楽町(当時)が世界の冠を付けて博覧会をやった。そして信楽高原鐡道とJR西日本の事故が起こりとてつもなく不幸な結末を迎えた。そこから甲賀市への合併があり”信楽焼”という産業であり文化であり、生活であり地域経済である物がどう変遷したか。

色々な意味であの1991年が今(2020年)に続く転換点であったと。確かに冨増先生のお話には大時代的な公共事業的観点が沢山含まれていたと思います。(そこはさすが元町議)その点では若い世代(若い世代と言っても40代位)と感じ方は少し違うのかなとも思います。しかし大きな、それこそ行政的に、信楽町単体とは違う旧5町全ての最大公約数を探して信楽に還元させる方法を考えなければならないといのは(少なくとも俺は昨日の話からそう感じた)その通りだと思います。

それを実現、また取組み続ける為には信楽焼の中から声を上げる、働きかけ続ける。それを行動し続けないとこれから信楽焼の未来は明るくない。結局現代も昔も出来る事は同じなのかとも感じました。

最期に火鉢から植木鉢、水鉢、傘立て、狸の置物。これらに変わる信楽焼のオリジナル陶器商品を作らないと信楽焼の復活は無いとも仰ってました。陶風呂の次。信楽の土の特性を活かした信楽焼にしか表現出来得ない陶商品。この動きが全く見られないと。今や全国の焼物産地は食器ばかり作ってる。信楽も食器中心だ。しかし食器の陶器的特性では他産地に信楽では勝てない。だから何か考えなければならない。

そこに水琴窟だと僕は勝手に思ってるんですけどね~。冨増先生には全く認識もされて無い感じでした。頑張りましょう。水琴窟にも色々ありますからね。信楽焼の特性に水琴窟が適うのかどうかはこれにはこれで話があります。いつか僕の頭で考えが整理出来たら話したいです。

今まで書いてきてこの文章めっちゃ解り難い。書いてる自分も何が言いたいのかよく解って無いからです。書きながらそう感じた。解りやすい文章っていうのは誰が読んでもしっくりきます。難しい事が書いてあるんですがそう感じさせない。それは書く人が何を言いたいかをハッキリ持っているからです。まだまだ僕は”信楽焼”に関して何を言いたいかをハッキリと持っていないんだと思います。

これからしっかり考えて行こう。

【陶琴Presents 水沁み出しラジオ】#11
・信楽の陶器屋、世界のナベアツに会う
・冨増純一さんの話を聴いて