信楽幟問題


戦だ~!どうも麒麟が来てしまっている陶芸家の純朴な奥田大器です。自分で純朴って名乗るのめちゃめちゃ素敵やん。そんな人間マンダラ気分で本日もブログをお送りします。島谷ひとみはマンダラ出身。

信楽には昔から大きな問題があります。その名を”信楽幟問題”。信楽に来られた観光のお客様は何となく解ると思う。「幟が多い。」特にスカーレットが始まってオレンジの”スカーレット色”のエカルラート幟ばかりです。もうすぐスカーレットも終わりますね。寂しい。

別にスカーレットに関係無く幟が多いんですよ。後看板。個性的な看板だらけ。大器の器も看板だらけ…。これに色々と思う事がある方達が沢山おられるんですね。端的に言っちゃうと「カッコ悪いやんけ。」という事です。

信楽焼業界と言っても沢山のフィールドがあり、各々の出自も違います。陶器メーカー、陶器問屋、焼物小売店、ギャラリー、陶芸家、アーティスト、飲食、公共団体、はたまた公務員までetc…。沢山の信楽焼に関係している人達が生活を営んでおります。誰が偉いとかそういう事ではない。色々な考えが御座います。

これうちの前から撮った写真なんですが4枚幟が入っちゃってます。信楽は今幟だらけです。

確かに地場産地の魅せ方としては統一感があった方がいいんでしょう。オーガナイズされた産地イメージを浸透させる為には幟というのは如何な物かと思う方はおられるのでしょう。それは一理ある。

しかし信楽は自営業者の集まりなんですね。陶器メーカー、陶器問屋、陶芸家だって自営だしそこから派生したアーティストも自営です。自営という事はそれぞれが何をするかは自由という事です。

そして自営業者が商売で生きていく為には「俺はここにいるよ!」と主張しないといけません。宣伝とかの前の話、”僕はここで生きています!皆さん宜しくお願いします!”これをしないと誰の目にも止まりません。

その為の”幟”であり”看板”なんですよ。戦争する時に自陣の勢力を表すのは幟でしょ。だから地場産地は幟を立てるのです。

別に”ここにいるよ”という事を幟や看板以外でアピールする事は出来ます。でもそれが出来ている人達が幟がダサい、俺の信楽がダサいと幟を掲げている人達にそれをしまえと言っても話は通じないと思います。

皆言うんです。産地の価値を高める為にイメージを統一した街並み(ビジュアル)を作りましょう。そしてそこから陶器産地とは何かを考えましょう。全く間違っていないと思います。うん、そうした方が絶対良い。その”信楽”という価値を皆で考えようという提案。これからはそれしかない。

しかしその第一歩は”統一”って言うけど僕は反対だと思う。それぞれの違いを認めるところから始めるのが先だと思う。

この人の言ってる事違うな。解らないな。俺とは考え方違うな。そりゃ当然だ。育ってきた環境が違うんだから好き嫌いはしょうがない。なれ合いや無駄な我慢をする必要は無いですがそれぞれの考えを認めて…そして幟も看板も作って行く。そこから幟以外も有りますよと考えていく。

お互いの長所でお互いの短所をフォローし合う。そんな信楽焼業界になったらめちゃめちゃ素敵やん。そんな人間マンダラ気分でやっていきたいやん。

…俺は幟が大好きです。

【大器の器Ch】第452話
水琴窟を窯入れ

お寺に水琴窟(陶琴)


お寺に水琴窟と言っているのに全く関係ない写真で幕を開けました。本日も【大器の器】ブログを宜しくお願い致します。信楽に潜む天才、ア〇ム先生のソフビと井戸型陶水鉢のコラボを一発決めて純朴な水琴窟陶芸家奥田大器がお送りします。

信楽のとあるスーパーからトイレットペーパーが消えたそうです…。

今の日本はこれです。情けないけどこれです。『新幹線大爆破』の予告編から失礼しました。即ちパニックを起こしている訳です。あれだけデマだと言っているのに関係無しです。

昔も疫病の蔓延や大地震で人心の動揺が起こるシチュエーションは沢山あった訳です。そんな時日本はどうやって乗り切ったか?

年号の改元や護国寺が祈祷(お念仏)する事で乗り切ったのです。

9年前の東日本大震災の時も正にこの様な人心の動揺が起こりました。確かに被害に遭った方々の人数は今の所全く違いますが、社会全般が受けたショックは同程度の物だったと思います。

その時も比叡山延暦寺では護国祈願が行われたそうです。日本の源流には仏心が確実に存在します。

少し時間が経てば落ち着きます。人間の心は同じ状態を、興奮状態、怒り、悲しみを永遠に維持する事は出来ません。必ず不安があれば幸福もあります。焦ってトイレットペーパーは買い溜めしない事です。

僕は明日からどうやってケツを拭けばいいのでしょう?ウォシュレットだけでは完全に汚れを除去出来ません。この下らないデマのお陰で不快なトイレ後を過ごさなくてはいけない人が沢山います。

買い溜めした人もその時だけです。結局不快なトイレ後体験は貴方に巡って来ます。世の中はその様に出来ているのです。抜け駆けなんて究極の話出来ないのです。こんな人心が乱れている時こそ皆で分け合う、分かち合う行為が大切なのです。

誰に文句言ってもしょうがないのです。特に地域社会のリーダー足る人物にはそれが必要ではないでしょうか。正確不正確に問わず悪戯に人の心に不安や怒りを植え付ける行為はしない方がいいと思います。こんな時だからこそです。

お寺に水琴窟を宜しくお願い致します。

【大器の器Ch】第446話
お寺に水琴窟

特撮ブログ『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』新世代が作った60年代後半のゴジラ映画


久しぶりの特撮チャンネ~ル!どうも純朴ゴジラの息子陶芸家の奥田大器です。ゴジラ映画やるのは1年と1ヶ月ぶり。前回の「サンダ対ガイラ」からもほぼ半年。

1967年公開の『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』です。あのミニラが初めてスクリーンに登場する作品です。ここからゴジラシリーズは3作続けてミニラが出て来ます。僕は”ミニラ三部作”と勝手に言っています。

22分間動画で喋っています。一体誰がついてこれるのでしょう。一体誰が見ているのでしょう。周りが何も見えていませんが行くとこまで行きましょう。

動画(Youtube)で喋れなかった事を書きます。この映画、ミニラが出て来るので当然子供をメイン客層とした作品です。それ以外考えられない。時は1967年。『ウルトラマン』のTV放映が66年。世は怪獣ブームです。怪獣は子供のコンテンツ。今でいうポケモンみたいな物です。よく考えて下さい。スマホどころかファミコン、レンタルビデオすら影も形も無い時代です。レンタルビデオどころか家庭用VTR録画機なんて存在すらしていない。そんな時代に子供達に向けての最大の娯楽コンテンツだったのが怪獣映画です。この「ゴジラの息子」です。

しかし…土屋嘉男さんの演技が全く子供を意識していない。マタンゴからこのゴジラの息子まで。この人は南海の孤島で狂った人を演じさせたら右に出る人はいません。そうだ、よく考えたら『ゴジラVSキングギドラ』でも南海の孤島でイカれた体験をする軍人やってた。その後原潜を私有するイカれた企業経営者にもなる。マタンゴもイカれた実業家だったな。

この映画は特撮部分ではミニラが初めて出て来てコミカルな演出もあり(ハードな合成画面もある)子供を喜ばそうとやってるんですが本編パートはハードSFで土屋嘉男さんが「日本に帰りた~い!」と言って銃口を前田美波里に向けます。巨大な蜘蛛(クモンガ)の脚に絡みます。結構怖い。

是非南海の孤島でゆっくり壊れていく土屋嘉男さんをお楽しみ下さい。コミカルなミニラとの対比をお楽しみ下さい。カマキラスにネッチョリした卵から孵りたての胎児ミニラがつつかれる生々しい特撮もあります。決して完全に子供向けちゅう訳やないんやぞという製作陣の意気も感じます。

一応陶器屋ブログなので窯の中の写真も載せます。陶器屋は窯詰、窯焚、窯出。「スカーレット」の撮影がされた某宗〇苑さんでは登り窯に薪で火が入っているそうです。そんな中大器の器は『ゴジラの息子』です。土屋嘉男です。

いますか?今信楽で戸田恵梨香じゃなくて土屋嘉男の話をしている人?同じ役者で久保明さんや高島忠夫の話をしている人?うん、頑張りましょう。

【大器の器Ch】第444話
特撮ch⑱『ゴジラの息子』

前回の特撮Ch⑰-①
『サンダ対ガイラ』前編はこちら
http://bit.ly/2T2zwj5

前回の特撮Ch⑰-②
『サンダ対ガイラ』後編はこちら
http://bit.ly/32deTES

DT窯のワンフェス顛末記


ワンフェス顛末記~!パフパフ♩ドンドン♩予告どおりに先日行って来たワンフェス2020冬のDT窯の顛末記です。今年で参加は4回目。

色々あった。涙と笑い。陶択先生は今年は財布を無くさなかったのか?新たなるキャラの登場。フレイル先生は戦車が繋ぐマニアの輪!

何故俺は彼女たちのブロマイド集を買う事になったのか?今年はいくら使ったのか?

陶択先生、俺はレイズナーの事は知りません!キングゲイナーはもっと知りません!筋肉少女帯のアルバムを2周聴くのは辛いがです。

先生の設営の様子。考えつくされた配置です。前日から当日の朝。先生の指示に従いディーラー卓設営は進みます。

FBやtwitterに上げた写真です。真面目な感想は個人FBに書いた通りです。あれ以上の感想は無い。個人FBに書いちゃったらブログに書く事が無いわな。これ本末転倒です。

全ての顛末は下の動画で喋っています。陶択先生は深夜の新東名で何を話したのか?新キャラとは誰か?フレイル先生は誰と邂逅したのか?

あれ、18分喋ったのに何も憶えてない。来年も冬の幕張行きます。宜しくお願いしま~す。

サインも貰った。

【大器の器Ch】第442話
DT窯のワンフェス顛末記

28年前の古新聞


作っています水琴窟。商品名は”陶琴”です。
そんな純朴水琴窟陶芸家の奥田大器です。皆さん大変お世話になっております。年が明けてお陰様で水琴窟ばかり作ってる気がします。

こんな感じで乾燥を防ぐ為に箱に入れて保管します。その時に使うのが古新聞です。新聞紙を濡らし、保管箱に入れる生状態の陶器に掛けます。それ以外にも製作時には新聞紙は沢山使います。ですから大量に古新聞のストックがあります。

今日も使うので古新聞を出して来たら…1992年9月9日の読売新聞がありました。今(2020年)から28年前。僕は小学6年生です。その年の事は鮮明に憶えています。何故か…、阪神が優勝争いをしていたからです。亀新フィーバーです。俺この新聞の3日後に初めて甲子園球場に阪神対ヤクルトを観にいっているのです。親父と二人で!その日打率1割を切ってる木戸(PL学園出身)が満塁ホームランを打つのです!先発は猪俣でした!パチョレックがツーラン打ちます!そして前日は八木、幻のサヨナラツーラン(取り消し)で今もってNPB史上最長試合、延長15回引き分けだった試合です。

1992年何があったか振り返りましょう。
『愛人/ラマン』が公開されている!あの愛人/ラマンですよ。俺達小学6年生男子が見たくて見たくて焦がれた『愛人/ラマン』が公開されたその年です。92年はそれ位でしょう。『夏の日の1993』は次の年。

『遠き落日』もやってますね。和田アキ子が主題歌歌ってたやつ。

そんな”1992″を喋ります。

【大器の器Ch】第438話
古新聞の1992