29年前の信楽から


皆さんお疲れ様です。類まれなるビジネスセンスを持つ(桂三度談)純朴水琴窟陶芸家の奥田大器です。決してガチガチでは無かったと言い切ります。

昨夜、冨増純一さんの限定講演配信を見ていました。信楽焼の歴史を話す。とてもじゃありませんが一度では話し切れないと思いますが大変勉強になる講演でした。ネットの恩恵は凄い。家にいながら試験場からの講演をテレビ画面で受けられる。2時間に渡る大講演でしたが全部聴きました。試験場研修生OBへの限定公開だったかも知れないのでOBで良かった∼。

そこでも話が出ましたが現在の信楽焼産地の諸々の状況はあの29年前、世界陶芸祭にあると。信楽町(当時)が世界の冠を付けて博覧会をやった。そして信楽高原鐡道とJR西日本の事故が起こりとてつもなく不幸な結末を迎えた。そこから甲賀市への合併があり”信楽焼”という産業であり文化であり、生活であり地域経済である物がどう変遷したか。

色々な意味であの1991年が今(2020年)に続く転換点であったと。確かに冨増先生のお話には大時代的な公共事業的観点が沢山含まれていたと思います。(そこはさすが元町議)その点では若い世代(若い世代と言っても40代位)と感じ方は少し違うのかなとも思います。しかし大きな、それこそ行政的に、信楽町単体とは違う旧5町全ての最大公約数を探して信楽に還元させる方法を考えなければならないといのは(少なくとも俺は昨日の話からそう感じた)その通りだと思います。

それを実現、また取組み続ける為には信楽焼の中から声を上げる、働きかけ続ける。それを行動し続けないとこれから信楽焼の未来は明るくない。結局現代も昔も出来る事は同じなのかとも感じました。

最期に火鉢から植木鉢、水鉢、傘立て、狸の置物。これらに変わる信楽焼のオリジナル陶器商品を作らないと信楽焼の復活は無いとも仰ってました。陶風呂の次。信楽の土の特性を活かした信楽焼にしか表現出来得ない陶商品。この動きが全く見られないと。今や全国の焼物産地は食器ばかり作ってる。信楽も食器中心だ。しかし食器の陶器的特性では他産地に信楽では勝てない。だから何か考えなければならない。

そこに水琴窟だと僕は勝手に思ってるんですけどね~。冨増先生には全く認識もされて無い感じでした。頑張りましょう。水琴窟にも色々ありますからね。信楽焼の特性に水琴窟が適うのかどうかはこれにはこれで話があります。いつか僕の頭で考えが整理出来たら話したいです。

今まで書いてきてこの文章めっちゃ解り難い。書いてる自分も何が言いたいのかよく解って無いからです。書きながらそう感じた。解りやすい文章っていうのは誰が読んでもしっくりきます。難しい事が書いてあるんですがそう感じさせない。それは書く人が何を言いたいかをハッキリ持っているからです。まだまだ僕は”信楽焼”に関して何を言いたいかをハッキリと持っていないんだと思います。

これからしっかり考えて行こう。

【陶琴Presents 水沁み出しラジオ】#11
・信楽の陶器屋、世界のナベアツに会う
・冨増純一さんの話を聴いて

明日(17日)びわ湖放送の生放送に出ます


1、2、さあ~んんん!
3の時だけアホになる陶芸家の純朴陶芸家の奥田大器です。オモロ~~‼!

明日17日金曜日の『金曜オモロしが』に出ます。我らがびわ湖放送夜7時の生放送です。あの番組生放送やってんや。ついに金曜夜7時に純朴水琴窟陶芸家が出ます。もう『ドラえもん』やん。何か持って来て下さいと言われましたので何かを持って行きます。

この番組司会が桂三度、そう世界のナベアツ、ジャリズム渡辺さんなんですよ。

いや~、ジャリズム渡辺さんです。あのジャリズムですよ!おじさん『すんげー!Best10』世代なんですよ。完全に直撃です。1994年信楽中学2年生の視聴率は100%でしたよ。
千原兄弟
メッセンジャー
中川家
モストデンジャラスコンビ(ケンコバさんがいた)、
G★MENS(ハリウッドザコシショウさんと静岡茶っぱさん)、
スミス夫人(なだぎ武さんがいた)、
陣内智則リミテッド)、
シェイクダウン(現プラン9の久馬さんと後藤さん)、
LaLaLa(たむけんさんがいた)、
サバンナ
やすよともこ
高祖野々村(今よく出ている野々村友紀子さんです)、
2丁拳銃(その野々村友紀子の旦那)、
野生爆弾
次長課長
ハリガネロック(第一回M1準優勝)、
ルート33(ごきブラの初期レギュラー)、
シャンプーハット
水玉れっぷう隊(アキは松ちゃんの側近)、
テンダラー
フットボールアワーはドレスとエレキグラムやったんやから。
全部そらで出て来るわ。

今考えると恐ろしい程の超豪華メンバーの中で間違いなくメイン司会の千原兄弟と双璧を成していたのがジャリズムですよ。当時渡辺さんが滋賀出身と知って滋賀県の中学生は誇らしかったんやから。

その渡辺さんが司会の番組で生放送でスタジオも一緒。いや~水琴窟(陶琴)作って良かった~。俺『アメジャリチハラ』も観てたんやから!

滋賀のオモロー陶器屋になる為にオモロー渡辺さんに俺の水琴窟を見せて来ます。この”オモロー”と言うのは相方の山下さんが名乗っていましたが元々は渡辺さんが使っていたギャグです。だからオモローの権利は俺に有ると『やりすぎコージー』で言ってたよ確か。

明日17日金曜日夜7時からびわ湖放送で。勿論滋賀県内でしか見られません!

【大器の器Ch】再放送
これ昨年の12月に撮ったやつです。
思えばこんな事になるなんて当時は全く思ってなかった…

映画観て泣く様になりました


皆さんお疲れ様です。本日のブログは写真と全く関係御座いません。上の写真はビアカップとフリーカップの生土状態の写真です。からからに乾燥しています。

最近めっきり涙腺が弱くなりまして。映画観たら泣きます。涙が止まりません。歳をとって泣く。色々と経験しているからより感情移入出来てしまうから泣き易くなるそうです。

先週『シン・ゴジラ』を劇場で観て来ました。泣いた。ラストで大泣きや。

何故シンゴジで泣いてしまったのか。それはYoutubeで。お暇なら見てね。20分喋ってもうた。

【陶琴Presents 水沁み出しラジオ】#8
・シン・ゴジラ観て泣いた

そうだ、ラジオやろう


もう最近の報道でやられています。純朴壊れかけの陶芸家奥田大器です。なかなかパッとしませんね。

決して明るくない世情。よもやプロ野球が見れない日が来るとは。職業野球が中止になったあの時代もこんな感じだったのか。

という訳でラジオします。くだらない陶器屋の世間話を垂れ流します。ラジオと言ってもいつものYoutubeチャンネルで音声だけ流します。

もう何を目指しているのか不明です。真面目に陶器を作れよという話です。しかしこんな時期だからこそ大器の器に来て頂いたお客様には何らかの発信をしたい。

僕はラジオが大好きです。サイキック青年団を聴いていました。今も仕事中はず~っとラジオを聴いています。あまりにも好き過ぎてradikoプレミアムの会員です。毎月視聴料払っています。(200円そこそこやけど)

そうだ、好きならラジオしよう。世はIT時代。誰でもやりたい事が簡単にITの力で出来る時代。そんな時代に乗らない手は無い。上手い下手はその後で。

一人で喋るってすごいね~。その上お金を貰って喋る。あなたそんな事普通の人には出来ませんよ。パーソナリティーなんて化け物ばかりよ。

しかしネットの時代はいい。そんな技量を求められる前に好きなら勝手にやったらいい。嫌になったら止めたらいい。今はそんな時代ですよ。ネット見るアホにネット使うアホ。同じアホならやらなきゃそんそん。

アホアホばかりの文章になって申し訳ありません。大変『大器の器』の品位が下がりました。反省します。それでは始まり始まり。

コージが福岡SUNSに入ったんだよ!

【大器の器ラジオ】第1回
大器の器のファントムラジオ

#453

信楽幟問題


戦だ~!どうも麒麟が来てしまっている陶芸家の純朴な奥田大器です。自分で純朴って名乗るのめちゃめちゃ素敵やん。そんな人間マンダラ気分で本日もブログをお送りします。島谷ひとみはマンダラ出身。

信楽には昔から大きな問題があります。その名を”信楽幟問題”。信楽に来られた観光のお客様は何となく解ると思う。「幟が多い。」特にスカーレットが始まってオレンジの”スカーレット色”のエカルラート幟ばかりです。もうすぐスカーレットも終わりますね。寂しい。

別にスカーレットに関係無く幟が多いんですよ。後看板。個性的な看板だらけ。大器の器も看板だらけ…。これに色々と思う事がある方達が沢山おられるんですね。端的に言っちゃうと「カッコ悪いやんけ。」という事です。

信楽焼業界と言っても沢山のフィールドがあり、各々の出自も違います。陶器メーカー、陶器問屋、焼物小売店、ギャラリー、陶芸家、アーティスト、飲食、公共団体、はたまた公務員までetc…。沢山の信楽焼に関係している人達が生活を営んでおります。誰が偉いとかそういう事ではない。色々な考えが御座います。

これうちの前から撮った写真なんですが4枚幟が入っちゃってます。信楽は今幟だらけです。

確かに地場産地の魅せ方としては統一感があった方がいいんでしょう。オーガナイズされた産地イメージを浸透させる為には幟というのは如何な物かと思う方はおられるのでしょう。それは一理ある。

しかし信楽は自営業者の集まりなんですね。陶器メーカー、陶器問屋、陶芸家だって自営だしそこから派生したアーティストも自営です。自営という事はそれぞれが何をするかは自由という事です。

そして自営業者が商売で生きていく為には「俺はここにいるよ!」と主張しないといけません。宣伝とかの前の話、”僕はここで生きています!皆さん宜しくお願いします!”これをしないと誰の目にも止まりません。

その為の”幟”であり”看板”なんですよ。戦争する時に自陣の勢力を表すのは幟でしょ。だから地場産地は幟を立てるのです。

別に”ここにいるよ”という事を幟や看板以外でアピールする事は出来ます。でもそれが出来ている人達が幟がダサい、俺の信楽がダサいと幟を掲げている人達にそれをしまえと言っても話は通じないと思います。

皆言うんです。産地の価値を高める為にイメージを統一した街並み(ビジュアル)を作りましょう。そしてそこから陶器産地とは何かを考えましょう。全く間違っていないと思います。うん、そうした方が絶対良い。その”信楽”という価値を皆で考えようという提案。これからはそれしかない。

しかしその第一歩は”統一”って言うけど僕は反対だと思う。それぞれの違いを認めるところから始めるのが先だと思う。

この人の言ってる事違うな。解らないな。俺とは考え方違うな。そりゃ当然だ。育ってきた環境が違うんだから好き嫌いはしょうがない。なれ合いや無駄な我慢をする必要は無いですがそれぞれの考えを認めて…そして幟も看板も作って行く。そこから幟以外も有りますよと考えていく。

お互いの長所でお互いの短所をフォローし合う。そんな信楽焼業界になったらめちゃめちゃ素敵やん。そんな人間マンダラ気分でやっていきたいやん。

…俺は幟が大好きです。

【大器の器Ch】第452話
水琴窟を窯入れ