GOTO”信楽”始めました


遅ればせながら始めました。
地底GO!GO!GO!陶芸家の奥田大器です。
何かなと思った人は調べてみて。

GOTOです。世の中は右を見ても左を見てもGOTOです。未だ実物の紙クーポンをお目にかかった事はありませんが国がやってくれるのなら乗るしかない。

連日信楽にも沢山のお客さんが訪れています。世は正に観光ブーム、旅行ブームと言っても過言ではありません。

皆で地域共通クーポン使って下さい。紙、電子どちらも使えます。さらにお目にかかった事が無い電子クーポンですが。登録自体はとっても簡単でしたよ。そりゃお客さんの方が設定するもんやからね。受ける側はそんなに難しく無かったです。

こんな素敵なきのこの山皿もクーポンがあれば簡単にお買い上げして頂けます。

話は変わります。
きのこの山皿、たけのこの里皿、ハート皿、この3つの商品のどれかをWEBショップからお買い上げ頂いたお客様には、

お菓子、『きのこの山』or『たけのこの里』をお一つプレゼント!(令和3年1月末まで)

『きのこの山』『たけのこの里』付けちゃうキャンペーンを行います!このキャンペーンはWEBショップ対応、GOTOチケットはショールームでの対応。解り難い…改めてきのこの山キャンペーンはブログに書きます。

それでは陶器屋は首が痛いという話をどうぞ。

【陶琴Presents 水沁み出しラジオ】#23
陶器屋は首が痛い

機械ロクロはコテの刃が命


解りますか?この写真。
どうも、純朴水琴窟陶芸家の奥田大器です。水琴窟以外にも作る物はあります。

僕の仕事は主に機械ロクロの押しです。石膏型とコテの間を調整して商品を作っていきます。

このコテはティーポットを押す為の物です。作る商品によってコテを変えていきます。その都度厚みやコテの位置を調整します。自分で言うのも何ですがこれが中々勘が要ります。目を瞑っても合わせられる域には達しておりません。

このコテ、刃が大事です。僕は命と思っています。石膏側の刃がしっかり出ていれば作業がスムーズに進みます。
そうでなければ倍の時間が掛かります。写真では汚いですが刃は常に気にしています。タイミングを見て研ぎましょう。

コテで押したらこの様な感じで石膏型から素地が出てきます。土によって石膏から剥がれ易い、難いがあります。天気(湿度と気温)によってもそれがあります。
梅雨とか冬は剥がれ難いです。これから剥がれ難い季節に突入です。

もう石膏型叩いて叩いて手が痺れてくるんです。水気が飛ぶ事をいつも期待しています。

刃が鋭いとこの淵がしっかり出ます。蓋を受ける大事な場所です。機械ロクロにしろ手引きにしろ蓋物はこの淵周りが重要ポイントです。(蓋物と呼ぶくらいですから)

機械ロクロだからと言って簡単という事はありません。土の状態、刃の状態で変わって来ます。急須等を購入する時は見てやって下さい。僕は結構淵を見ます。

今回の水沁み出しラジオは蓋についても…これから水沁み出しラジオは短くなります。今まで狂った様に20分近く喋っていましたが。忙しい現代社会、誰が素人のお喋りに20分も割くんだという話です。これからは5分!そして陶器の事を喋ります。陶器ラジオですから。信楽焼ラヴの精神でやっていきます。

【陶琴Presents 水沁み出しラジオ】#19
いい加減に陶器の事を喋れ!

「よ∼いドン!」に再び出た!


僕は越冬つばめが大好きです。
純朴森昌子陶芸家の奥田大器です。

「よ∼いドン!」をご覧になってご注文を下さった皆様、本当に有難うございます。俄然気合が入ります。只今製作を気張っています。

発送出来るご注文の分より順次発送させて頂きます。皆様宜しくお願い致します。

とても有難い話です。取り上げて頂き本当に有難いです。なかなか自社ECは皆様にお伝えするのが難しいんです。それはこの5年で痛感しています。そんな中お前の商品は面白いとメディアに取り扱って頂ける。これがどれだけ有難い事か。人の目に留まるというのは難しいんです。多分普通にしていたら無理です。

世の中は信楽焼の一窯元の事なんか見てくれません。(勿論注目を集められる窯元や作家さんもいますよ。本当に一握りですが)僕は只のラッキーですが自分からの発信をコツコツ続けていたらちょっとは見て貰えた。何度も言っていますがもう一度言います。有難いです。

自社ブログの続け方という事ではこれから先結構心配しています。なかなか”伝える”事の見通しが難しいのもこれ事実です。

自社ブログを始めてもうすぐ10年です。自社ECサイトは6年です。これからどうしていったらいいんだろうと不安は正直あります。答えが無いんですね。

小さい頃から大学の時、社会人になってから、常に「お前は先の事を何にも考えていない。」「ボンボン体質の甘ちゃん。」と言われて来ました。しかしですね…先の事って考えられる?計算して上手い事仕事が運ぶ事ってある?考えてもなかなか思い通りには進まないよ。それが出来たら苦労はしない。そんな簡単に陶器商品のアイデアは出て来ない。そんな簡単に他人様に伝える事なんて出来ません。

結局はいつも目の前のやる事をひたすらやる。これしか答えが無いんですね。常に未来は誰にも解らないし常に未来は僕らの手の中なんです。幾つ年を取っても。

明日も頑張ります。どっかの芸能人が「頑張らないと出来ないなら要らない。」と言ってましたが頑張るのが正解です。好きだったら頑張らなくてもいいだろうという意味なんでしょうが「頑張ります。」位言わせてくれよ。そんな世の中になってほしい。

【陶琴Presents 水沁み出しラジオ】#17
よ∼いドン!に再び出た!

頑張って宣伝です。
大器の器の信楽焼水琴窟『陶琴』シリーズはこちら。
http://bit.ly/2mcQMFx

『きのこの山』専用皿に関する商品はこちら。
http://bit.ly/2ULBoAg

『よ∼いドン!』を御覧になってHPに来て下さった皆様へ

本日9月8日(火)放送の関西テレビ『よ∼いドン!』を御覧になって来て頂いた皆様有難う御座います。

円広志さんはとても良い方でまさか二度も来て頂けるとは思っていませんでした。関西金曜夜の名曲「ハートスランプ二人ぼっち」をスマホに入れたいと思います。

大器の器の信楽焼水琴窟『陶琴』シリーズはこちら。
http://bit.ly/2mcQMFx

『きのこの山』専用皿に関する商品はこちら。
http://bit.ly/2ULBoAg

大変申し訳ありません。キットカット専用皿は今は御座いません。

二枚目のとなりの人間国宝ステッカーに恥じない様に頑張ります。

事務所の裏通路の水が引かない


今日もやって来ました陶器屋ブログ。皆さんお疲れ様です。純朴水が引かない水琴窟陶芸家の奥田大器です。梅雨が明けても水は引かない。

靴が写っていますが事務所の裏の通路の写真です。ここ最近は梅雨が明けて晴天が続いています。しかしこの裏通路水が引かない。

今年は異常に雨が降りました。だから工場の山肌を伝って水が出ています。山の上の工場の室が山肌にあるんですがまだびっちょびちょです。そりゃカビも生える…。

あと数日経てば乾燥すると思います。この季節は毎年こんな物です。梅雨が明けてからめちゃくちゃ暑い。湿り気もあるにはありますが全然梅雨時と違う。大体湿度計見ていたら10∼15%は違いますね。80%が60%ちょっとになってる感じ。

もうそれで体感が全然違います。しかし気温も35℃近く上がりますので辛いです。

暑苦しい話でしたのでキットカット専用皿でもどうぞ。

そうです二匹目のどじょう狙いで作りました。何の反応も在りませんでした。やはり陶器の道は厳しい。そんな簡単に二匹目のどじょうはいません。その反応の無さたるや僕は本当にキットカット専用皿なんて作ったんだろうかと現実逃避させる凄まじさでした。

それでは今日はさようなら。

【水沁み出しラジオ】再放送