水が少しでも流れ易い様に溝


この工程に意味があるのか?
どうも、純朴水琴窟陶芸家の奥田大器です。
本日は水琴窟の透水器の話です。

表面に溝を彫っています。水滴が落ちる突起から一本づつ。少しでも水が流れ易い様にと考え彫っています。

多孔質な素材(土)ですので水を入れたら表面全体から水が浮き出てきます。ならば必要無いんじゃないか…いや、ここは信じて彫っています。陶琴を作り始めてからずっと彫っています。

彫るラインまで赤インクで目印を付けます。透水器一つ一つにこの工程をしています。正直時間が掛かります。しかしこの工程が少しでも水の流れをスムーズにさせると信じてやっていきます。

溝を彫らずに焼いてイマイチだったらめっちゃ悔いると思うんです。そんな思いしたくない。これは貧乏性でしょうか。

webから注文して頂きお待たせしているお客様、大変申し訳ございません。もう直ぐ焼けます。もう少々のお待ちをお願い致します。

土から自分で練っていますので溝を彫らずに音がイマイチだったらとか考えると惜しくてしょうがありません。だからここは彫ります。信じて彫ります。

水が落ちる突起物をチボと言ってるんですが。そのチボも思えば沢山作りました。指の腹のサイズじゃないとしっくりきません。これも見事に変えが効かないんです。工具の方が良いんじゃないかと色々と試したんですが全くダメ。形の融通が全然利かない。

手引きでロクロしている陶芸家さんや職人さんもこれが一番やり易いとよく言われます。人間の手はたいしたもんです。

それから話変わりますが…前回の水沁み出しラジオ、視聴回数12回でした。これは来る所まで来ましたよ。何か試しに動画上げて下さい。何でも良いですわ。30回位視聴されるから。12回は驚異の数字ですよ。
動画の中で「皆さん!」とか言うてますが皆さんなんてどこにもいないんですよ。これは信楽焼物界の怪談ですよ。

【陶琴Presents 水沁み出しラジオ】#21
陶器屋と陶芸家

大きな水鉢の作り方


巨大な鎌が二つ。
機械ロクロで大きな水鉢も作れます。
純朴水琴窟陶芸家の奥田大器です。
機械ロクロって重要です。

2尺からそれ以上直径がある物も機械ロクロで作ります。形、製作時間等が手で引くより安定します。どちらかが優れているとかそういう話ではありません。焼物の作り方には色々あります。それこそ3Dプリンターを使う時代にもなって来ています。

技術の進歩と共にこれからも色んな成型方法が生まれると思います。

うち(壺八)はこの石膏型と機械ロクロが主たる製造手段です。直径2尺の水鉢も写真の様な感じで作っていきます。この型、土も入っていますのでかなり重いです。慣れてない人が持ち運びしたら簡単に腰をいわします。

うちの職人さん簡単に持ち運びします。腰どうなってるねん。

この大きな水鉢を作るのもコテが重要です。コテの刃が甘ければしっかり形が出ません。又出ても時間が掛かります。そして物が大きいのでコテ自体の重さも必要です。

重量が無いと土に持っていかれてブレます。
これは小さな急須の胴体を作るのも同じです。コテは刃と重さがとても大事です。

大壺の石膏型です。
大壺もこの機械ロクロで作ります。
これも重い。

本日のラジオではこの写真の事を喋っています。何でしょう?ティーポットの蓋です。
蓋にも色々な形があります。仕上げの削り方がそれぞれ違います。
初めてで焦ったという話です。

【陶琴Presents 水沁み出しラジオ】#20
蓋を削る…初めての形

『よ∼いドン!』を御覧になってHPに来て下さった皆様へ

本日9月8日(火)放送の関西テレビ『よ∼いドン!』を御覧になって来て頂いた皆様有難う御座います。

円広志さんはとても良い方でまさか二度も来て頂けるとは思っていませんでした。関西金曜夜の名曲「ハートスランプ二人ぼっち」をスマホに入れたいと思います。

大器の器の信楽焼水琴窟『陶琴』シリーズはこちら。
http://bit.ly/2mcQMFx

『きのこの山』専用皿に関する商品はこちら。
http://bit.ly/2ULBoAg

大変申し訳ありません。キットカット専用皿は今は御座いません。

二枚目のとなりの人間国宝ステッカーに恥じない様に頑張ります。

水琴窟陶琴を夏に沢山作る(特撮Ch⑲後半)


夏は続くよいつまでも。
どうも、暑さが熱さに感じる今日この頃な水琴窟陶芸家の奥田大器です。みんな汗掻いてる。

この”掻いてる”という漢字。イビキ、べそ、寝首…これらを”かく”時の漢字らしいです。ロクなものをかく時に使わない漢字です。しかし汗がないと体温調整出来ません。ラジエイターと同じです。人間の体表は水冷式です。汗という水分の気化熱で表面を冷やすのです。

そんな水繋がりなのが汗まみれで作っている水琴窟陶琴です。この真夏に沢山作っています。

この衣装箱(缶)にいっぱい透水器を入れています。すぐ乾燥するんだわ。乾燥が大敵。苦労(本当に苦労)して型から出した透水器が乾燥したらすべてパア。

いや、マジでパア。何をしても形を整えるのが不可能になります。粘土って乾燥すると何しても成型出来ないからね。まあ、乾燥する事=成型なんやけど。

本日の仕事場の温度。
32℃。完全にマシ。もう秋。灼熱の2週間が終わりました。終わったと信じたい。でも普通にあちい。

一昨日グーグルからメールがありまして。
何かこのブログが前日比1000%増で見られてますと。→https://bit.ly/3hmegzt

よっぽど暑かったんやね。

それでは『怪獣総進撃』の後半いきます。一体誰に望まれているんでしょうか。世の中にはリサーチっちゅうのがありましてね。マーケティングっちゅうのがありましてね。基本は需要が有る事に対してサービスを施すんですよ。供給ってやつですわ。これ経済の基本ね。そして日本は資本主義ね。この鉄則に乗らないと負けなんですよ。

あたい負けない。視聴回数にも、夏の暑さにも。

【陶琴Presents 水沁み出しラジオ】#14
特撮ch⑲怪獣総進撃を喋る

前回の特撮ch⑲前半『怪獣総進撃を喋る①』はこちら。
https://bit.ly/3kM2Jf3

N・A・T・U・夏、水琴窟を作るぞ


暑くなって来ました。どうも純朴水琴窟陶芸家の奥田大器です。とても暑くなって来ましたね。もうすぐ長い梅雨も明けますよ。

夏という事で水琴窟を作ります。夏は水琴窟の季節。陶琴の季節です。共鳴容器は出来てますから上部水鉢部分を作ります。

作っているのは小陶琴です。

色々と陶琴について話題にして頂いております。本日は信越放送の『ずくだせテレビ』にリモート出演しました。長野県の皆さんこんにちは。私が住んでいる地区名は”長野”と言います。信楽町長野という字です。今は字とは言いませんが。長野県には昔から勝手に親近感を抱いていました。

信楽の水琴窟なのに長野県のテレビ番組に出る。本当に地域が関係無くなって来ました。信越は長野の皆さんこれからも大器の器を宜しくお願い致します。

そして今週23日の午前10時半から『勇さんのあいコムランド』にも出ます。リモート出演です。こんなにリモート出演する陶器屋いる?放送するのは勿論俺達のびわ湖放送です。よっ、リモートとローカルの陶器屋。

本日の仕事場の温度…。

40℃越えるとですね…やっぱり汗が止まらんのですよ。メガネに汗が垂れてきて全く前が見えなくなるんですよ。

この季節、N・A・T・U、夏がやってきました。来るぞ来るぞと解ってるんですよ。なんせ毎年大体同じ時期に馬鹿の一つ覚えみたいにやって来るから…夏。

本当に学習しない奴ですよね。毎年馬鹿みたいに暑くして。飽きないんですかね?俺なら飽きるな。何億回も同じ時期に来ては暑くしては帰って行ってるんでしょ。本当に頭おかしい奴ですよ。いい加減にちょっとは変われよ。こっちは飽き飽きしてんだよ。変わらないっていうのは進化を放棄してるんですからね。成長が無い。夏は成長が無い。

こんなんだったらいつまで経っても秋や春の評価に勝てませんよ。いつまでも最高の季節春秋に勝てない。いい加減気付かなきゃ。もう子供じゃないんだから。

もっとカラッとするとかさ。30度以上は上げませんとか。ゲリラ豪雨ばっかり降らせて…こっち観客側はうんざりしてますからね。7~9月はうんざりしてますよ。お客さん飽きてますからね。

ちょっと夏には厳しい言葉を並べましたがポテンシャル信じて言ってる事ですから。もっと出来ると信じてますから。今の境遇に胡坐をかかないで頑張って欲しいですね夏には。

【大器の器Ch】再放送