N・A・T・U・夏、水琴窟を作るぞ


暑くなって来ました。どうも純朴水琴窟陶芸家の奥田大器です。とても暑くなって来ましたね。もうすぐ長い梅雨も明けますよ。

夏という事で水琴窟を作ります。夏は水琴窟の季節。陶琴の季節です。共鳴容器は出来てますから上部水鉢部分を作ります。

作っているのは小陶琴です。

色々と陶琴について話題にして頂いております。本日は信越放送の『ずくだせテレビ』にリモート出演しました。長野県の皆さんこんにちは。私が住んでいる地区名は”長野”と言います。信楽町長野という字です。今は字とは言いませんが。長野県には昔から勝手に親近感を抱いていました。

信楽の水琴窟なのに長野県のテレビ番組に出る。本当に地域が関係無くなって来ました。信越は長野の皆さんこれからも大器の器を宜しくお願い致します。

そして今週23日の午前10時半から『勇さんのあいコムランド』にも出ます。リモート出演です。こんなにリモート出演する陶器屋いる?放送するのは勿論俺達のびわ湖放送です。よっ、リモートとローカルの陶器屋。

本日の仕事場の温度…。

40℃越えるとですね…やっぱり汗が止まらんのですよ。メガネに汗が垂れてきて全く前が見えなくなるんですよ。

この季節、N・A・T・U、夏がやってきました。来るぞ来るぞと解ってるんですよ。なんせ毎年大体同じ時期に馬鹿の一つ覚えみたいにやって来るから…夏。

本当に学習しない奴ですよね。毎年馬鹿みたいに暑くして。飽きないんですかね?俺なら飽きるな。何億回も同じ時期に来ては暑くしては帰って行ってるんでしょ。本当に頭おかしい奴ですよ。いい加減にちょっとは変われよ。こっちは飽き飽きしてんだよ。変わらないっていうのは進化を放棄してるんですからね。成長が無い。夏は成長が無い。

こんなんだったらいつまで経っても秋や春の評価に勝てませんよ。いつまでも最高の季節春秋に勝てない。いい加減気付かなきゃ。もう子供じゃないんだから。

もっとカラッとするとかさ。30度以上は上げませんとか。ゲリラ豪雨ばっかり降らせて…こっち観客側はうんざりしてますからね。7~9月はうんざりしてますよ。お客さん飽きてますからね。

ちょっと夏には厳しい言葉を並べましたがポテンシャル信じて言ってる事ですから。もっと出来ると信じてますから。今の境遇に胡坐をかかないで頑張って欲しいですね夏には。

【大器の器Ch】再放送

水琴窟ギャラリーゆっくりやってます


水琴窟ギャラリー陶芸家の奥田大器です。
皆さん、ゆっくり水琴窟ギャラリーやってます。

信楽も徐々にですがお客さんが訪れる様になってきました。窯元散策路にもちらほら歩いているお客さんが。まだまだ油断は出来ませんが警戒と対策をしながら信楽に来て頂ければと思います。

純朴水琴窟陶芸家としては水琴窟ギャラリーもオープンしている訳です。どんな時も水琴窟、うちの窯の陶琴を作って売るのが僕の生活です。

ですので本日のブログはストレートに宣伝です。充分にソーシャルなディスタンスとやらを取ってそろりそろりと水琴窟ギャラリーやっています。

来られる皆様は是非マスク着用でお願い致します。…ここはそうやってやっていきましょう。

キャッシュレス5%還元ももう終わります。6/30までです。7/1からはコンビニのレジ袋も有料化です。

多分ですが世界唯一の水琴窟ギャラリー『大器の器』。水琴窟の水音を楽しみにお越し下さい。ゆっくりとやっていきましょう。

只今私の生活が変わって来まして。手前勝手な話なのですが。全然Youtubeやらブログに手が回りません。しかしそれに対応して諸々のネット宣伝を従来通り更新して行ける様に身の回りを整えています。出来る所から絶賛整理整頓中です。

やっと目途が立った。

【陶琴Presents 水沁み出しラジオ】
今日は再放送

小丸陶琴の商品ページをちょっと変えました


商品ページを徐々に変えていく。
どうも僕です。純朴webで水琴窟売る陶芸家の奥田大器です。本日もブログ宜しくお願いします。

という訳で地味にちょっとずつ変えています。あまりにもシンプルだった小丸陶琴のページを。文章を付け加えました。是非お読み頂きたい。

4~5年前に陶琴LightやLight2の商品ページは作ったんです。その時に考えた紹介文章です。

力入れて長文を書いたんですよ。もうめっちゃ長い。熱量が。

しかし今回の小丸陶琴のページ改定には長文だけはアカンと思いまして。伝えたい必要最低限だけ書きました。これ成長でしょう。

陶器を作る事についても成長していると自分を信じたい。結局引き算に到達するんですよ。引いて引いて必要な物だけ残る。何も足さない何も引かない。解ってる風な事も言っときましょう。

小丸陶琴のweb紹介ページがちょっとだけ変わったという話でした。でもこういったマイナー改定をちょっとずつ続けていく事は大切なんですよ。これを続けていくとある日気が付けばら飛んでもない場所にいたりしますから。

文章一行、写真一枚でもいいんでちょっとずついじっていきます。

【陶琴Presents 水沁み出しラジオ】#5
・某キャリアの電波が入り難い

陶琴(水琴窟)が窯から出て来ています


透水器が窯から出て来ています。
どうも純朴水琴窟陶芸家の奥田大器です。
こんな時代だからこそ水琴窟。

春先からず~っと言ってる陶琴。水琴窟作ってまっせブログですがやっとギャラリーの方に回せる分が窯から出て来ました。

まだまだ生土状態で一から仕上げなければいけない物もありますが…。

GW中は休業。まだ最近の週末もおっかなびっくりでやっています。コロナが怖い…。コロナのバカヤロウ…。

まあですね。そんな事言ってても始まらないので前向いて行きましょう。結果的には水琴窟作れたから良かったとしておきましょう。

自然(ウイルス)を相手にするのは土と水と火を相手にしている水琴窟BOYとして同じ事です。変化に対応出来た者だけが勝つ。果たして勝てるのでしょうか。

いや、勝とうと思ってはいけません。自然には勝てない。人間に出来るのはその膨大な変化という潮流に乗るか眺めるだけです。転覆したくないけど漕ぎ出すしかない上流へ。

水琴窟と一緒に行こう上流へ。

書いている事が段々こじつけになって来たので終わります。

本日の水沁み出しラジオ(第二回)も宜しくお願い致します。水琴窟から水が沁み出してますよ。

【陶琴Presents 水沁み出しラジオ】#2

陶琴Puresents”水沁み出しラジオ”始めます


皆さん!ついに始まります。
新たなYoutubeラジオです。
“陶琴Presents 大器の器水沁み出しラジオ”。

これに伴いファントムラジオは終了です。
聴いて頂いた聴取者の皆様誠に有り難う御座いました。そして新番組が始まります。

水琴窟、陶琴をもっと押していこうよ。というかそもそも俺の発信の全ては水琴窟ありき、陶琴ありき。その為にHPも作ったんやないかい。なのにファントムラジオでは意味が解りません。ですので13回で打ち切りです。

本日より”水沁み出しラジオ”を開始します。
1発目の話がワンフェス。水琴窟関係あらへんやないかい。

1回目という事でバックに陶琴の水音を響かせているのですがその音デカ過ぎた。めっちゃうるさい。しかし初めての事なんで仕方ありません。次回から調整して行きます。

ミキサーが出来る訳ではないので後から編集で音を付けるのですが、Youtubeで実際に流してみるまで感じが解らん。

何でも経験です。
やりながら憶えていったらいいのです。

それでは驚異の離脱率85%のラジオ、
【陶琴Presents大器の器水沁み出しラジオ】御聴取下さい。どうぞ。

【陶琴Presents 水沁み出しラジオ】#1