今週末はワンフェスに行って来ます


皆様行って参ります。幕張へ。
どうも、純朴水琴窟陶芸家の戦車皿陶芸家の奥田大器です。一緒に行くのは陶択先生です。

ポスターも出来て来ました。出来て来たと言うよりは毎度のO野さんです。いつもマジで有難う御座います。もうなんとお礼を言っていいのか解りません。O野さんのT-34ポスターに誓って4年連続坊主を止める…。

卓番は【6-13-15】。
谷陶択×奥田大器×フレイル先生です。今年はDT窯はフレイル先生のミリタリー陶芸作品も持って行きます。もう全員で行ったらいいじゃないですか。そしてポスターはO野さん。何が何なのかよく解らなくなって来ました。

T-34陶皿を宜しくお願い致します。これは僕の作品です。

陶択先生は今年も何か新しい物を車に積み込んでいました。弟(世津田すん)と何か作っていたみたい。一体何がでてくるのでしょうか。匂わせますよ~。

袋の帯止めも陶択先生が作ってくれました。細かい仕事させてもなかなかやるやないかい。彼、陶択先生の心配事は明日の夜の消防団訓練後の打ち上げで俺が飲み過ぎて土曜日の朝へべれけになってるかも知れない事だそうです。そんなあなた(谷さん)も消防団。一滴も飲まないで訓練後は帰宅したいと思います。

それでは明後日土曜日は行って来ます。予約取っているホテルのキャンセルが効くのは本日午後11時59分59秒まで。それ以降は全額払わないといけません。何卒何もありませんように。

【ワンダーフェステイバル2020冬】
●DT窯
●No.6-13-15

【大器の器Ch】

『イッピン』を御覧になって12月~1月初旬にご注文下さったお客様にお知らせです


皆様毎度のご愛顧有難う御座います。大器の器の奥田大器です。

12/28放送のNHK『イッピン』を御覧になり、12月~1月初旬にwebでご注文下さったお客様にご連絡です。

大変長らくお待たせ致しました。小丸陶琴、陶琴Light2、微小陶琴等を1/31(金)に窯に入れました。2/3(月)に窯から出て来ます。そこから発送準備に取り掛からせて頂きます。

2/3(月)の週より準備が整いましたら順次発送させて頂きます。大変長くお待たせ致しまして申し訳ありません。

1月初旬以降にご注文頂いたお客様におかれましては受注確認メールに記載されている期間内に順次発送させて頂く予定となっております。

もし何かご不明な点が御座いましたら下記電話番号にお電話下さい。ご対応させて頂きます。

宜しくお願い致します。

【大器の器Ch】
『イッピン』を御覧になって12月~1月初旬にご注文下さったお客様にお知らせです

“T-34″陶皿が窯から出て来ました


ワンフェスに行くぞ~!
どうも諦めない夢を陶芸家の純朴陶芸家の奥田大器です。いい加減水琴窟について書けよ。そんな声が飛んで来そうですが戦車陶皿行きましょう。

T-34です。旧ソ連軍で第二次大戦でドイツを相手に暴れ回った名戦車です。ソ連軍はドイツの軍事技術には叶わないので単純に装甲を厚くして、そして人海戦術で数を作りまくり量で圧倒したのです。戦争って何なんだろう?先端技術って何なんだろうと考えさせられる戦車です。

まさに”戦車界の量産型ザク”、いや量産型ザクが”MS界のT-34″なのです。

ワンダーフェステイバル2020冬に持って行きます。来月の9日(日)、というかもう来週です。2/9の日曜日に幕張です。谷陶択先生と一緒に行って来ます。

DT窯です。DT窯案件です。弟はよくtwitterに出て来るのですがこの兄は信楽窯業界の幻キャラです。彼と幕張までロングドライブです。今回で4回目。

あたい夢を諦めない!

値段は4,000~5,000円の間位で。
ディーラー名は【DT窯】。
卓番号は【6-13-15】。

今回は彼の作品も持って行きます。
フレイルさん頼んます。

【大器の器Ch】第440話
T-34陶皿を持って行きます

錆び付いた土練機よ復活せよ!


完全に錆び付いてやがる…どうも純朴土練機を復活させたい陶芸家の奥田大器です。皆さん1月って本当に早いですね。

長く工場で放置されていた土練機。15年位動かせていませんでした。ついにその土練機を復活させます。ケルヒャーで洗います。ドイツの科学力は世界一~!。

まあ、俺の様な素人にはここまで錆び付いたら手に負えません。プロに任せましょう。信楽焼業界の鉄工、機械ののプロ、カジヤスさんです。カジヤスさんの持っているケルヒャーはすごい高圧です。テレビショッピングの物とは訳が違う。

あの錆び、こびりついた土が剥がれていく。うう~ん気持ちが良い。皆さん土練機に入ってる土は使わなくなったら定期的に出しましょう。ズルくたい事をしていたら土練機がこんな風になっちゃう…。でもしっかり復活するんだわ。昔の機械はめちゃくちゃタフだ。アナログは強い。

注文や定番商品が変わって土が変わると土練機の中身を全て変えるんです。この土練機の場合は15年位前に専用の土が変更になったんです。いや~あっという間やったな。元々古い型の土練機です。中の羽が鉄というのは今時珍しい。時代はステンレスです。しかしこれでも全く問題なく使えます。

いや~土を練りまくりますよ。土の実験もし放題。お祖父ちゃん土練機揃えておいてくれてありがとう。30数年前に亡くなったんですよお祖父ちゃん。昭和3年生まれだから昭三さん。まさか令和2年に自分が買った土練機をブログで全世界に公開されるとは思ってないやろうな。

取り敢えずケルヒャーでガツガツに洗われる映像でも見て下さい。ドイツの科学力は世界一~!

【※協力 カジヤスさん】

【大器の器Ch】第439話
土練機を綺麗にする

28年前の古新聞


作っています水琴窟。商品名は”陶琴”です。
そんな純朴水琴窟陶芸家の奥田大器です。皆さん大変お世話になっております。年が明けてお陰様で水琴窟ばかり作ってる気がします。

こんな感じで乾燥を防ぐ為に箱に入れて保管します。その時に使うのが古新聞です。新聞紙を濡らし、保管箱に入れる生状態の陶器に掛けます。それ以外にも製作時には新聞紙は沢山使います。ですから大量に古新聞のストックがあります。

今日も使うので古新聞を出して来たら…1992年9月9日の読売新聞がありました。今(2020年)から28年前。僕は小学6年生です。その年の事は鮮明に憶えています。何故か…、阪神が優勝争いをしていたからです。亀新フィーバーです。俺この新聞の3日後に初めて甲子園球場に阪神対ヤクルトを観にいっているのです。親父と二人で!その日打率1割を切ってる木戸(PL学園出身)が満塁ホームランを打つのです!先発は猪俣でした!パチョレックがツーラン打ちます!そして前日は八木、幻のサヨナラツーラン(取り消し)で今もってNPB史上最長試合、延長15回引き分けだった試合です。

1992年何があったか振り返りましょう。
『愛人/ラマン』が公開されている!あの愛人/ラマンですよ。俺達小学6年生男子が見たくて見たくて焦がれた『愛人/ラマン』が公開されたその年です。92年はそれ位でしょう。『夏の日の1993』は次の年。

『遠き落日』もやってますね。和田アキ子が主題歌歌ってたやつ。

そんな”1992″を喋ります。

【大器の器Ch】第438話
古新聞の1992