機械ロクロはコテの刃が命


解りますか?この写真。
どうも、純朴水琴窟陶芸家の奥田大器です。水琴窟以外にも作る物はあります。

僕の仕事は主に機械ロクロの押しです。石膏型とコテの間を調整して商品を作っていきます。

このコテはティーポットを押す為の物です。作る商品によってコテを変えていきます。その都度厚みやコテの位置を調整します。自分で言うのも何ですがこれが中々勘が要ります。目を瞑っても合わせられる域には達しておりません。

このコテ、刃が大事です。僕は命と思っています。石膏側の刃がしっかり出ていれば作業がスムーズに進みます。
そうでなければ倍の時間が掛かります。写真では汚いですが刃は常に気にしています。タイミングを見て研ぎましょう。

コテで押したらこの様な感じで石膏型から素地が出てきます。土によって石膏から剥がれ易い、難いがあります。天気(湿度と気温)によってもそれがあります。
梅雨とか冬は剥がれ難いです。これから剥がれ難い季節に突入です。

もう石膏型叩いて叩いて手が痺れてくるんです。水気が飛ぶ事をいつも期待しています。

刃が鋭いとこの淵がしっかり出ます。蓋を受ける大事な場所です。機械ロクロにしろ手引きにしろ蓋物はこの淵周りが重要ポイントです。(蓋物と呼ぶくらいですから)

機械ロクロだからと言って簡単という事はありません。土の状態、刃の状態で変わって来ます。急須等を購入する時は見てやって下さい。僕は結構淵を見ます。

今回の水沁み出しラジオは蓋についても…これから水沁み出しラジオは短くなります。今まで狂った様に20分近く喋っていましたが。忙しい現代社会、誰が素人のお喋りに20分も割くんだという話です。これからは5分!そして陶器の事を喋ります。陶器ラジオですから。信楽焼ラヴの精神でやっていきます。

【陶琴Presents 水沁み出しラジオ】#19
いい加減に陶器の事を喋れ!

石膏型とコテを合わせます


9月に入ったのにとても暑い。
暑さ寒さも彼岸までの陶芸家奥田大器です。純朴で水琴窟やらせてもろとります。

本日は朝から石膏型とコテとのランデブーです。機械ロクロの調整です。石膏型と鉄コテの間に隙間を開けて固定します。その隙間に土をぶち込んで機械ロクロが回ります。高速で回るぜえい。

こんな感じで隙間を調整します。これがなかなか難しいんです。俺もなんとかやっている。いつもこれが正解なのか自問自答しながらやっています。

今日の調整は上手くいったと思う。大したもんですよ。やればやるほど感覚が解ってきます。

隙間に土をぶち込んでコテを石膏型に沿う様に押せばこんな感じで成型出来ます。赤い物が土です。赤い粘土、赤土です。

調整も上手くいったと思います。後は己を精密機械だと暗示をかけて押していくだけです。無心です。ただラジオを聴くだけの肉塊です。無心となるのです。

無心となれば”いいもの”が出来るのです。TBSラジオがお昼の番組えらい改変したな∼とか一切思いません。感じません。セッションが昼になってニッポン放送となんちゃらかんちゃらとか思いません。型を押すのみです!

機械ロクロの周り掃除せなあかんな。

【陶琴Presents 水沁み出しラジオ】#16
上位3位てこれかい…

夏休みやわ∼


続く田園風景!信楽は宮町からこんにちはな純朴水琴窟陶芸家の奥田大器です。

圧倒的夏休みです。コロナで色々ありますが流石にもう夏休みです。非常に暑い。今日夏休みやわ∼という風景を見ました。午後3時の休憩時間に。

ここは2020年の日本なのか。令和2年でなくて昭和32年だろうという中学生達の風景を目撃しました。

スマホもネットもタブレットも関係ねえ景色に思わず目頭が熱くなりました。田舎ええやん。田園風景もええやんという事です。もうすぐお盆です。コロナ禍でもお盆はやって来ます。ご先祖様カモンの精神で8月はやって行きます。

それではそんな話してます。
是非水沁み出しラジオもどうぞ。

この宮町の田園写真は一年前の写真です。

【陶琴Presents 水沁み出しラジオ】#12
・夏休みやわ∼
・中学の夏休みの思い出
・最近の消防団

事務所の裏通路の水が引かない


今日もやって来ました陶器屋ブログ。皆さんお疲れ様です。純朴水が引かない水琴窟陶芸家の奥田大器です。梅雨が明けても水は引かない。

靴が写っていますが事務所の裏の通路の写真です。ここ最近は梅雨が明けて晴天が続いています。しかしこの裏通路水が引かない。

今年は異常に雨が降りました。だから工場の山肌を伝って水が出ています。山の上の工場の室が山肌にあるんですがまだびっちょびちょです。そりゃカビも生える…。

あと数日経てば乾燥すると思います。この季節は毎年こんな物です。梅雨が明けてからめちゃくちゃ暑い。湿り気もあるにはありますが全然梅雨時と違う。大体湿度計見ていたら10∼15%は違いますね。80%が60%ちょっとになってる感じ。

もうそれで体感が全然違います。しかし気温も35℃近く上がりますので辛いです。

暑苦しい話でしたのでキットカット専用皿でもどうぞ。

そうです二匹目のどじょう狙いで作りました。何の反応も在りませんでした。やはり陶器の道は厳しい。そんな簡単に二匹目のどじょうはいません。その反応の無さたるや僕は本当にキットカット専用皿なんて作ったんだろうかと現実逃避させる凄まじさでした。

それでは今日はさようなら。

【水沁み出しラジオ】再放送

N・A・T・U・夏、水琴窟を作るぞ


暑くなって来ました。どうも純朴水琴窟陶芸家の奥田大器です。とても暑くなって来ましたね。もうすぐ長い梅雨も明けますよ。

夏という事で水琴窟を作ります。夏は水琴窟の季節。陶琴の季節です。共鳴容器は出来てますから上部水鉢部分を作ります。

作っているのは小陶琴です。

色々と陶琴について話題にして頂いております。本日は信越放送の『ずくだせテレビ』にリモート出演しました。長野県の皆さんこんにちは。私が住んでいる地区名は”長野”と言います。信楽町長野という字です。今は字とは言いませんが。長野県には昔から勝手に親近感を抱いていました。

信楽の水琴窟なのに長野県のテレビ番組に出る。本当に地域が関係無くなって来ました。信越は長野の皆さんこれからも大器の器を宜しくお願い致します。

そして今週23日の午前10時半から『勇さんのあいコムランド』にも出ます。リモート出演です。こんなにリモート出演する陶器屋いる?放送するのは勿論俺達のびわ湖放送です。よっ、リモートとローカルの陶器屋。

本日の仕事場の温度…。

40℃越えるとですね…やっぱり汗が止まらんのですよ。メガネに汗が垂れてきて全く前が見えなくなるんですよ。

この季節、N・A・T・U、夏がやってきました。来るぞ来るぞと解ってるんですよ。なんせ毎年大体同じ時期に馬鹿の一つ覚えみたいにやって来るから…夏。

本当に学習しない奴ですよね。毎年馬鹿みたいに暑くして。飽きないんですかね?俺なら飽きるな。何億回も同じ時期に来ては暑くしては帰って行ってるんでしょ。本当に頭おかしい奴ですよ。いい加減にちょっとは変われよ。こっちは飽き飽きしてんだよ。変わらないっていうのは進化を放棄してるんですからね。成長が無い。夏は成長が無い。

こんなんだったらいつまで経っても秋や春の評価に勝てませんよ。いつまでも最高の季節春秋に勝てない。いい加減気付かなきゃ。もう子供じゃないんだから。

もっとカラッとするとかさ。30度以上は上げませんとか。ゲリラ豪雨ばっかり降らせて…こっち観客側はうんざりしてますからね。7~9月はうんざりしてますよ。お客さん飽きてますからね。

ちょっと夏には厳しい言葉を並べましたがポテンシャル信じて言ってる事ですから。もっと出来ると信じてますから。今の境遇に胡坐をかかないで頑張って欲しいですね夏には。

【大器の器Ch】再放送