切立湯飲みを作っています


どうも切立る純朴陶芸家の奥田大器です。
皆さん生活切っ立ててますか。
僕は常に切っ立ってます。

切立、直立の湯飲みの事です。”きったて”と言います。ちょっと写真ピンボケしてますが表面波立ってます。トチリ仕上げとうちでは言ってます。

これが仕上げる前の湯飲みの原型です。
原型という言葉が正しいのかどうかは解りませんが元の形はこの様な物です。

石膏型から出てきたそのままの状態です。

これを缶箱(衣装箱)に入れて削るのにちょうど良い塩梅になるまで乾かします。何かこのブログで同じ事散々言ってる気がします。

仕方ありません。この削り仕上げ作業をメチャクチャする時期はします。今はそんな時期です。ブログに書くメモリーがその事でいっぱいになるのでしつこく書きます。

どんな感じで削り仕上げをするのか?
本日はそれをYoutubeに載っけています。
興味ある方是非ご覧下さい。

力加減に微妙な調整が必要です。
デカいからして指先の調整を仕事の糧にしております。

【大器の器Ch】#493
切立湯飲みトチリ