明けましておめでとうございます

皆様明けましておめでとうございます。信楽はこの3日から沢山人が来ております。空前のスカーレットブーム。ありがとうスカーレット状態で御座います。こんなビッグビジネスチャンスを横目に趣味の新年会に行って来ます。そんな1月3日です。

昨年末の『イッピン』再放送による水琴窟のご注文。年明けから密かに発送準備を始めています。皆様、一所懸命壺八ファミリー総出で取り組まさせて頂きます。宜しくお願い致します。

しかし自社ECは難しいです。自社ECのみで販売するのは至難の業で御座います。どなたかAmazonや楽天、メルカリ等以外でweb買物した人っていますか?いないでしょう?訳の解らんwebショップで買物なんかしないでしょう?それが我々小規模webショップです。

『大器の器』は信楽焼で取組んでいます。
Amazoun、楽天一切ショップ出していません。そんな店ある?ですので信用がある、買物するのに値すると思って頂けるまでに大変ハードルが高う御座います。それをあの手この手でやっています。

もう修行です。webショップ修行です。どうしたらお客様、世間に引っ掛かるか。これしか考えていません。陶器も作ってるんですよ。しかし今の時代は陶器も作って、+それも考えて行かないといけません。ネットはチャンスもあります。商品やサービスを知って頂くのに簡単にもなりました。しかしこれからどんどん”独自小規模自社EC”は難しくなるでしょう。

より独自の何かを表現して行かないとお客さんは来てくれなくなるでしょう。いや、お客さん来るとか来ないとかの以前にネット上で表示されなくなると思います。webは大変です。実店舗はその場所や観光地に行けばお客さんの目には入ります。でもネットはそれがありません。検索して来てもらう訳ですから何かその動機が必要です。

その”動機”を生むのはそれぞれの個性であったり共感であったり、アイデアであったり。どこにもマニュアルがありません。

これから”小規模事業者”にとっては大変な時代です。しかし個性を活かして楽しい物を店にするには”小規模事業者”が自由に闊歩出来る時代でもあります。

【大器の器Ch】